ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

渋谷でカーチェイス?ハリウッド大作、 驚きの撮影秘話

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

渋谷でカーチェイス?ハリウッド大作、 驚きの撮影秘話
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)で、4月からスタートした新コーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。このコーナーは、毎日をカラフルに彩ってくれる映像作品を、毎週さまざまなプレゼンターがセレクトしてご紹介していきます。

この週は、日本映画ペンクラブ会員で映画評論家の、松崎健夫さんがプレゼンターとして登場。「TOKYOの魅力を感じる作品」をテーマにセレクトしていただいています。

2日目となる4月11日(火)のオンエアでは、ド派手なカーアクションが人気のシリーズ第3作「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」をご紹介頂きました。4月28日(金)からシリーズ8作目となる「ワイルド・スピード ICE BREAK」が公開されますが、シリーズ3作目は東京が舞台でした。

「この作品をセレクトしたのは、『外国人から見た東京』が描かれている点です。我々が何気なく見ている渋谷や新宿のネオンが、外国人には近未来的な姿に見えていることがこの映画から窺えます」(松崎さん、以下同)

主人公は下町に暮らすことになるのですが、カルチャーギャップを感じる点もとても興味深い作品になっているそうです。

「特に注目なのが、渋谷のスクランブル交差点で行われるカーチェイス。そのスピード感あふれるド迫力に驚くばかり。誰もが『あの人混みの中でどうやって撮影したのだろう?』と思うに違いありません」

実はその場面は、撮影が不可能と判断した映画スタッフが、実物大のスクランブル交差点のセットを建設して撮影したのだそうです!「撮影できないなら作ってしまえ」というハリウッド映画のすごさを感じさせるエピソードですね。

「例えば、実際に渋谷のスクランブル交差点でご覧になってみるのはいかがでしょうか? セットとは思えないリアルな再現ぶりに驚かされること請け合いです」と提案していた松崎さん。そういう見方も面白いですね! もちろん歩きながらとか、交差点で立ち止まって観るのは危険ですので厳禁です。ゆっくり落ち着いた場所から、スマホでご覧になってみるのも楽しいかもしれません。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。