体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

L’Arc-en-Ciel、東京ドーム2Days初日「L’Arc-en-Ciel、25歳になりました」

L’Arc-en-Ciel、東京ドーム2Days初日「L’Arc-en-Ciel、25歳になりました」

L’Arc-en-Cielが4月8日・9日の2日間、東京ドームにて結成25周年記念ライブを開催。2日間で合計11万人を動員した。

4月8日 ライブレポート「バンドとリスナーの思いが結集して美しい光景が出現」
4月8日、L’Arc-en-Cielの結成25年を記念しての東京ドーム2Days公演「25th L’Anniversary LIVE」初日が大盛況のなか開催された。

チケットは60万人の申し込みがあり、即完売。また日本国内50か所、世界10地域(中国、台湾、韓国、インドネシア、タイ、メキシコ、コロンビア、コスタリカ、グアテマラ、ペルー)13都市16か所でライヴビューイングが行われ、35,000人がこのステージの模様を目撃した。

L’Arc-en-Cielのライヴは大阪・夢洲で開催された「L’Arc-en-Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO」以来、約1年半ぶり、東京ドーム公演は約9年ぶりで、今回が通算13、14回目となる。「25th L’Anniversary LIVE」のメインテーマは“25年の年月で世界中に散らばったL’Arc-en-Cielのピースが一つの場所に集い、そしてまた世界中に旅立っていく”というもの。

演出のポイントとなったのは映像だ。彼らはこれまでも効果的に映像を使ってきたが、今回使用されたのは史上最大級の高精細LEDスクリーン。炎の映像と本物の炎など、映像と実際の物理的な仕掛けとを巧みに融合させた演出が見事だった。

そのスクリーンに、エリー クランクなる人物が西暦9125年の未来から2017年の世界にやってきて、世界各地に散らばったL’Arc-en-Cielのピースを集めるというストーリーの映像が映し出されていく。

メンバー4人のシルエットが黄金の光によって浮き彫りになり、白銀色の歯車が回転して、白銀の光が雨のように降り注ぐ映像が映し出されて始まったのは「虹」だった。ライヴ終盤で演奏されることの多いこの曲での始まりにドーム内から大歓声とどよめきが起こった。

現在の4人のメンバーで最初にレコーディングしたのがこの曲だった。名曲であると同時に、25年のバンドの歴史の中での重要曲でもある。kenのギター、tetsuyaのベース、yukihiroのドラムス、そしてhydeの歌声がゆったり加わり、4つの音のピースが噛み合って一つになっていく。

それぞれの存在を確かめ、噛みしめていくような演奏だ。イントロが鳴り響いた瞬間から熱狂的な歓声が起こり、90年代からファンに愛されてきたナンバー「Caress of Venus」「the Fourth Avenue Café」が続けて演奏された。この25年はファンとともに歩んできた歳月という認識があるからこその選曲だろう。

「会いたかった?会いたかったよね。こんなにたくさんの人に集まってもらえて、本当に幸せものです。L’Arc-en-Ciel、25歳になりました。25歳もすごいけど、25年間、これだけ愛されているのはもっとすごいと思います。(L’Arc-en-Cielは)天然記念物みたいなものだから、4人揃ってるところなかなかお目にかかれないんですけど」とhydeのMC。

「この25年間、何があったかなって考えたら、レッサーパンダが立ちましたね。ウーパールーパーはそれより前だっけ?」とマイペースなトークを繰り広げるkenに、「もう大丈夫です!」とhydeが止めに入り和やかな掛け合いを見せた。

そんなMCを挟んで、「flower」「Lies and Truth」へ。4曲続けて4thアルバム「True」からの選曲だ。25周年を記念してのステージなので、代表曲、人気曲中心に構成されていたのだが、バンドにとって節目の時期の曲も目立っていた。炎や波の映像を効果的に使いながらの「fate」「forbidden lover」「Shout at the Devil」といったディープな曲が続く流れでは、個々の歌の陰影の濃い世界観と、様々な困難を乗り越えて進み続けてきたバンドの歩みとがシンクロするかのようだった。

ライヴ空間の中でより大きく育ってきた曲もたくさん演奏された。たとえば「REVELATION」。この曲ではhydeとkenがパーカッション、tetsuyaとyukihiroがギターでのパフォーマンスを展開しながら、メインステージからサブステージへとムービングステージに乗って移動。観客の腕に装着されたL’edバンドが赤く光っていて、観客もともにこのライヴ空間を作り上げていた。ここからの2曲はアリーナ最後部のサブステージでの演奏。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。