体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国初! 品川区が取り組むデジタルとアナログのネットワークで子どもを守るシステムとは?

いよいよ新年度のスタート。今年も全国で約100万人の小学1年生が誕生しました。親としては嬉しい反面、新たに尽きない心配を抱えることにも・・・・・・。登下校は大丈夫? 遊んでいるときに迷子になったら? 怪しい人に声をかけられたら? そんな親の心配を和らげてくれる仕組みが、東京都品川区では2005年から導入されています。

品川区が取り組む「近隣セキュリティシステム」とは

品川区が実施している「近隣セキュリティシステム」は、品川区の公立小学校および在住の児童にGPS搭載装置「まもるっち」を配布し、GPS探索と近隣の協力者によるネットワークで、子どもをトラブルから守る取り組みです。

今回は、平成28年度まで品川区地域振興部で生活安全担当課長を務めていた濱田勝行さんに、「近隣セキュリティシステム」がどのように活用されているか、お聞きしてみました。

品川区地域振興部で生活安全担当課長の濱田勝行さん(2017年3月時点)

「近隣セキュリティシステム」では、「まもるっち」を持っている小学生になにかしらのトラブルが発生した場合、以下のようなフローでシステムが動きます。

1.子どもが危険を察知して、「まもるっち」の防犯ブザーを鳴らす。
2.品川区役所に設置された「まもるっちセンター」につながる。
3.センターの担当者が「まもるっち」を通じて子どもと通話する。
4.通報内容に応じて、保護者や学校、警察、生活安全パトロール、協力者に連絡し、子どもの保護を行う。

このとき、「なによりも重視されるのは子どもの保護です」と濱田さん。不審者などの場合、犯人を探すのも重要ですが、まずは子どもの安全確保を最優先し、もっとも迅速に駆けつけられるシステムを構築したそう。

「実際に、協力者の方がかけつけるという事態になったことは現在までありませんが、こうした二重三重のセキュリティ対策を行うことは決して無駄ではありません」

ちなみに、近隣セキュリティシステム協力者は区民から募集し、協力者研修会などを開催しているそう。主に、「まもるっち」を使っている小学生の保護者などによって構成されており、区と区民によって、幅広く品川区全体をカバーしているというわけです。

「近隣セキュリティシステム」の仕組み

品川区の子どもを守る「まもるっち」

「近隣セキュリティシステムが始まったのは、2003年前後に子どもを狙った凶悪犯罪が多発したことがきっかけでした」と濱田さん。

「品川区で産業支援を行っているNPO団体が、子どもを守るセキュリティシステムをつくりたいということで、品川区が開発支援を行い、2005年に初代の『まもるっち』が開発され、『近隣セキュリティシステム』がスタートしました。」。

小学生に配布されている「まもるっち」は、現在のもので三代目。三代目からは、既存のキッズケータイを品川区用にカスタマイズされたものが使われています。そのベースモデルになっているのは、auのキッズケータイ「マモリーノ」です。「まもるっち」は機能を限定し、GPS機能、防犯ブザー、「まもるっちセンター」への通話だけができるようになっています。

auのキッズケータイ「mamorino3」をカスタマイズした、三代目「まもるっち」。誤報や落下防止にカバーも配布されています
1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。