ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、停止していた「AQUOSケータイ SH-01J」の機能バージョンアップを再開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTT ドコモは 4 月 12 日、一時停止していた「AQUOS ケータイ SH-01J」向けの機能バージョンアップを再開したと発表しました。SH-01J の機能バージョンアップは 3 月 29 日に始まりましたが、翌日 30 日には機能バージョンアップを実行すると、その後のソフトウェアアップデートが失敗する現象が確認されたとして、配信が停止されました。アップデートは本日 10 時に再開しており、全ての SH-01J ユーザーに修正版が配信されています。今回の機能バージョンアップでは、SH-01J は迷惑電話への対策機能となる「代理応答」と Wi-Fi テザリングに対応します。Source : NTT ドコモ

■関連記事
GNU/Linux上でAndroidアプリをネイティブに実行できるオープンソースAndroidアプリエミュレーター「Anbox」が公開
みずほ銀行、2017年秋にも「みずほダイレクトアプリ」に生体認証機能を導入
Android版「Dropbox Paper」が日本語に対応、オフラインモードも追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。