ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

1Gbpsの無料WiFiサービスがロンドン中心部で2017年秋にスタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
シティ・オブ・ロンドンの風景英ロンドンの中心部に位置する「シティ・オブ・ロンドン」は、ロンドン証券取引所やイングランド銀行などを中心に、19世紀以降、世界の主要な金融センターとしての役割を担っている地域。

2006年には、英メディア企業スカイの傘下にある「The Cloud Networks」の無料WiFiサービスが開設され、5万人以上のユーザーに利用されてきた。

・1Gbpsの高速WiFiサービスが今秋スタート

シティ・オブ・ロンドンの観光スポット「セントポール大聖堂」シティ・オブ・ロンドンの行政執行機関であるシティ・オブ・ロンドン自治体は、2017年4月、英携帯電話事業会社ボーダフォンとスペインの通信事業者テレフォニカによる合弁企業CTILと、新たな無線ネットワークの構築および運営につき、15年間の契約を締結した。

CTILは、テレフォニカ傘下の携帯電話会社O2との提携のもと、シティ・オブ・ロンドン内の街灯柱や道路標識、監視カメラ、ビルなどに、4G(第4世代移動通信方式)の小出力携帯電話基地局(スモールセル)を設置。

2017年秋までに、既存の無料WiFiサービスに代えて、1Gbpsの高速WiFiサービスを提供しはじめる計画だ。

この新サービスは、ユーザー登録を1回行えば、誰でも無料で利用でき、ビデオ通話や動画のストリーミング、ファイルのダウンロードなどが、スムーズに実行できるという。

・日本でも広がる無料WiFiサービス

日本でも観光庁が、訪日外国人旅行者向けの無料公衆無線LANの整備を促進する方針を明らかにした。

シティ・オブ・ロンドンでの先進的な動きは、日本国内での無料WiFiサービスのさらなる展開においても、参考になりそうだ。

City of London

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。