体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【BOATRACE女子】得意な「まくり」で勝負―女子王座決定戦に初出場の平田さやか選手にインタビュー

【BOATRAEC女子】プロペラを武器に伸ばして「まくる」―女子王座決定戦に初出場の平田さやか選手にインタビュー

『BOATRACE』の女子王座決定戦をシリーズでご紹介する「BOATRACE女子」、その見どころをBOATRACE振興会に聞いた第1回に続き、今回は女子王座決定戦に出場する注目選手のインタビューをお届けします。平田さやか選手は2004年5月のデビュー以来、女子王座決定戦の会場となるボートレース多摩川を地元に活躍する女子ボートレーサー。女子王座決定戦には初出場となる平田選手に、決定戦への意気込み、ボートレーサーの生活などお話を伺いました。

「まくり」が勝ちパターン

ガジェ通:平田選手は、どのようなレーススタイルを得意としているのでしょうか。

平田:いちばんの勝ちパターンは「まくり」。「まくり」とは、外側のコースの艇がスピードを落とさず、内にいる艇を外から抜いていく戦法です。スタートを早くきって1マーク、1周目で決着をつけてしまいたいんですけど、なかなかそこまで思い通りになることはないので得意な戦法ばかりというわけにはいかないですね。

ガジェ通:外側のコースからの「伸び」を重視して、ボートのプロペラ(スクリュー)やエンジンを仕上げていくのが平田選手の理想のレースということになるんですね。今回の女子王座決定戦ではどのように戦っていきたいと考えていらっしゃいますか。

平田:自分のスタイルにまずは仕上げて、それでも当たって砕けるようだったら、まだ私の実力不足だと思うので。“エースモーター”と言われる成績のよいエンジンが引けたらいいですけど……。どんなエンジンを引いても、ちゃんと自分のレースができるように整備して戦いたいですね。

* * * * *
ここで「仕上げる」と言っているように、ボートレーサーは、レース開催日の前日に抽選で割り当てられたエンジンと持参したプロペラを整備してレースに臨みます。プロペラはひとり3枚までレース場に持ち込むことが可能。ボートレーサーは体力やボートを操縦する技術だけでなく、プロペラの調整、エンジン整備など知識や技術も必要で、ある意味、職人的な技能も重要な素養になっているのです。

プロペラ調整が重要

ガジェ通:ボートレーサーはアスリートとしての側面もありますが、モーターやプロペラを自分で整備する職人的な技能も求められると思うんですよね。そういうものはどうやって勉強したのでしょうか。

平田:操縦や整備は、ボートレーサーの養成所“やまと学校”で1年間かけて習得するんですが、デビューしてから実戦で覚えなければいけないことも多くて。一緒に走っている先輩や整備士の方に、自分からなるべく積極的に聞くようにしましたね。

ガジェ通:平田選手が得意な整備の項目は。

平田:私はプロペラ調整を中心に考えています。それでダメなときには、エンジンを整備するというパターンです。

ガジェ通:プロペラの調整は、経験で身につくものなのでしょうか。

平田:だいたいの「こうしたらこうなる」というパターンは経験を積むしかないです。あとは一緒にプロペラを作る仲間や、同じようなプロペラを使っている人たちと情報交換したりします。しばらく走ってないレース場の情報も教えてもらったりします。

レース場に行ってみないと、どんなエンジンを引くかも分からないんですよ。すごくいいエンジンだと、どんなプロペラをつけてもよくなっちゃったり、逆によくないエンジンだとプロペラ自体がよくても今イチということがあるので、やっぱりレース場での調整というのが大事ですね。

* * * * *
整備が重要と語るように、ボートレーサーは体力だけでなく、エンジニアとしての知識も必要なことがお分かりいただけると思います。

また、コース取りやコースを決める判断力など、レース中にも頭をフル回転させて選手はレースを展開します。レース前やレース中に選手は何を考えているのか聞いてみました。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。