ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

LEDで10色に光る!手持ち無沙汰のときに便利なフィジェット「REVOLT」が遊び心満載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

fullsizeoutput_27a6手持ち無沙汰のときや落ち着かないときに、何か手にしていると気が紛れたりするもの。授業中にシャープペンシルや鉛筆をクルクル回してた、そんな人にぴったりのトイがフィジェットだ。

ボタンやスイッチ、ダイヤルのようなものがついているものが主流だが、今回クラウドファンディングサイトIndiegogoに登場したのはスピンさせる「REVOLT」。このフィジェット、なんとLEDライトが埋め込まれ、光らせて楽しむこともできる。

・皿回し的にも遊べる

REVOLTは平らなひょうたんのような形をしていて、一見コンタクトレンズケースのようにもみえる。

fullsizeoutput_27a8使い方は、中央部分を指2本ではさんで別の指でクルクル回転させたり、テーブルなどの上でコマのように回したりとシンプル。

上級者になれば、中央部分を指1本で支えて皿回しのように回転させるというのもありだろう。

・色や発色パターンが七変化!

ユニークなのが、REVOLTはLEDライト2個を内蔵していて、10色に灯すことができること。お気に入りの色で楽しんだり、10秒ごとに色が自動で変わっていく設定にすることも可能。

fullsizeoutput_27aa発色パターンも、ドットにしたり虹のようにしたりと変えられるので、ちょっとした芸として友達に披露してもいいかも。ライトはボタン電池(CR1620)2個で12~14時間作動する。

Indiegogoでは現在、出資を25ドル(約2800円)から受け付けていて、資金調達に成功すれば6月にも発送が始まる見込みだ。出資はあと1カ月ほど受け付ける。

REVOLT/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。