体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホとBluetoothで連携する防災ライト「MAmoria it」

地震、津波、豪雨・・・・・・。緊急時には警告音と共に災害速報が通知され、防災という観点からもスマートフォンは今や重要な存在です。

一方、ちょっと心配なのが、スマホは持っているけれどイマイチ使いこなせていない両親や祖父母。せっかく災害に対する機能が搭載されているのだから、有効に活用して欲しいものです。そんなときにオススメなグッズがあります。それが「MAmoria it」。

「MAmoria it」とは?

「MAmoria it」(以下:マモリアit)は、株式会社ブラザーエンタープライズの手がける、地震の揺れを感知すると自動点灯するIoT懐中電灯「マモリア」シリーズの第3弾モデル。5月の発売に先駆け、2月から全国のauショップおよびau online shopで先行発売をしているので、お借りしてきました!

「MAmoria it」希望小売価格:3,980円(税抜)

つるんとした雨粒型のボディはインテリアとして、家のどこにでも置ける印象。正面下部のボタンが電源で、上の丸いボタンを押すと懐中電灯としてそのまま使用できます

本体を取り外すとそのまま懐中電灯に!

マモリアitは専用アプリ(無料)をインストール後にBluetoothでスマホとペアリングを行うことで連携します。”アプリと連携”と聞くと、「お母さん、できるかな?」と心配になるかもしれませんが、簡単にペアリングできました。さっそく試してみましょう。

画面の指示に従い、Bluetoothをオンにして、マモリアitにスマホを近づけると数秒で連携が完了し、メインページが開きます。

メインページはすっきりとシンプルで、誰でも使いこなせるよう、直観的な操作を意識してつくられていることがわかります。

災害速報を知らせてくれる!

まず、マモリアitは地震や津波による災害速報を知らせてくれます。連携しているスマホが災害速報を受信すると、自動でライトが約30分間点灯し、ブザーが約1分間鳴ります。マモリアit本体が自動点灯することにより停電時や真夜中の震災発生時に対応でき、ブザーが聞こえにくい年配の方や耳の不自由な方、就寝時にスマホを枕元に置いていない方にも緊急地震速報を知らせることができます。

また、速報の受信時だけでなく、震度4以上の揺れを感じると自動点灯します。緊急地震速報は最大震度が不明な時など発令されないケースがあるので、そんな時も安心ですね。

実際に自動点灯させてみました。

いきます。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。