ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

オリジナルのニットウェアが作れちゃう♪プリンターのように出力できるデジタル編み機がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

@Kniterate/Instagramカラフルなニットや繊細な模様編みのセーターは、ファッションをグレードアップしてくれるアイテムの一つ。

理想のニットを作りたくても手編みだとスキルが必要だし、時間もかかってしまいます。
あっという間に自分の理想のカラーやデザインのニットを、自由自在に作ることができたら…。

そんな魔法のようなデジタル編み機「Kniterate」を紹介します。

ニットウェアが数時間で編み上がる

デジタル編み機「Kniterate」は、まるで紙に印刷するかのようにニットを制作できる「ニットウェア専用3Dプリンター」。

オリジナルデザインのニットを、数時間で着用可能にしてしまうというから驚きです!

  Kniterateさん(@kniterate)がシェアした投稿 – 2017 2月 14 1:52午後 PST

この編み機を作り出したのは、英・ロンドンのデザイナーのジェラール・ルビオさん。

 

Kniterateさん(@kniterate)がシェアした投稿 – 2017 2月 6 1:58午後 PST

ちょっと複雑なパターンのニットシューズ。

編み終えるまでにかかった時間は、たった2時間なのだとか。
あとはパーツを縫い合わせるだけで完成☆
世界に一足のニットシューズが制作できてしまうのです。

カラーや素材が違う糸をセットできる♪

ニットをセットする場所(フィーダー)は6個あるので、カラーや素材が違う糸をセットするのもステキです♪
マフラーや帽子などの小物から、セーターやワンピースのニットファッションはもちろんのこと、形が複雑な手袋やペット用洋服など…。
アイデア次第で、思い通りの模様やデザインのニットウェアを作り出すことができちゃいます。

デジタルデザインを出力する?!

気になる使い方ですが、専用のソフトウェアでデザインしたパターンをプリンターのように編み機で出力するだけ。

Kniterateさん(@kniterate)がシェアした投稿 – 2017 2月 10 10:09午前 PST

ニットをデザインするための専用ソフトウェアは、現在開発中とのこと。

MacとWindowsの両方のOSで使えるのだそうです。
デザイン・テンプレートも用意しているそうなので、カラーや形を選択するだけでお気に入りのニットウェアがすぐに作れます!

今ならキャンペーン中です♪

現在、Kickstarterで出資者を募集しており、4月11日時点で目標出資額10万ドルを上回る34万ドル以上(日本円で約3千8百万円)を達成しています。
通常5万ドル(5百万円)以上もする工業用編み機。

「Kniterate」ならばキャンペーン中のため、4千699万ドル(約51万円)で購入できます。

小さなデザインスタジオにも置けそうなコンパクト設計(幅124センチ✕高さ105センチ✕奥行61センチ)も魅力的☆

Kniterateさん(@kniterate)がシェアした投稿 – 2016 10月 4 9:45午前 PDT

残念ながら、アジア諸国や日本への発送はしていないようですが、いつか市販されたらオリジナルニットをたくさん作ってみたいものです♡

Kickstarter (Kniterate: The Digital Knitting Machine)
https://www.kickstarter.com/projects/kniterate/kniterate-the-digital-knitting-machine

Instgram (kniterate)
https://www.instagram.com/kniterate/

デザイン(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。