ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MediaTekの「MT6575」を使用した初の3Dスマートフォンが中国で近く発売、価格は$200以下の見込み

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

専用メガネ無しでも3D映像などを立体視可能なAndroidスマートフォンが中国で開発されています。上図はそのエンジニアリングサンプルを使用したデモ映像。3Dスマートフォンは国内・海外で複数販売されていますが、今回の製品には3Dをサポートした台湾MediaTekのスマートフォン向けSoC「MT6575」が使用されており、$200以下という安い価格での販売が見込まれています。詳細は伝えられていませんが、動画の端末の解像度はqHD(960×540ピクセル)でHDMI出力を搭載するそうです。動画からOSはAndroid 2.3(Gingerbread)であることが分かります。カメラモジュールは1つだけのようです。この端末に搭載されているSoC「MT6575」は、シングルコアARM Cortex-A9 1GHz CPU、PowerVR SGX5シリーズのGPU、3G/HSPAモデムを内蔵し、qHD解像度のディスプレイ、720pサイズの動画再生と撮影、8MPの写真撮影、デュアルSIMをサポートします。Source : Android Sale


(juggly.cn)記事関連リンク
”Endeavor”の流出RUUをベースにしたSensation用カスタムROMが公開(動画あり)
ASUS Eee Pad Transformer TF300T、TF700Tのスペック情報が流出?
Sony、スマートフォンスタンドキット「SPA-STK10」の先行予約販売を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。