体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性の「グチ」は正面から受け止めるな!“避雷針”になれ!――山口拓朗の「夫婦円満法」

今年で結婚20年目。2度の離婚危機を乗り越えて、今ではお互いが相手を認めて応援し合い、それぞれのビジネスを発展させている山口拓朗さん、朋子さんご夫婦。拓朗さんは文章の専門家として、これまでに著書を10冊以上出版。奥様の朋子さんは主婦の起業を支援するオンラインスクール「彩塾」の塾長として、これまでに600名以上の門下生を輩出。2016年から夫婦そろって中国での講演をスタートさせるほか、「夫婦コミュニケーション」をテーマにした講演活動にも力を入れています。

f:id:k_kushida:20170407150024j:plain

▲山口拓朗さん・朋子さんご夫妻

しっかり仕事でパフォーマンスを上げるためにも、家庭での「火種」はできる限りなくしていきたいもの。そこで今回から山口拓朗さんが自身の経験や本などから編み出した「夫婦円満法」をシェアいただくコーナーをスタートさせました。第1回は「女性のグチは正面から受け止めるな!」です。

赤ちょうちんでクダを巻き、帰宅したがらないダンナたち…

Aさん「家に帰っても女房のグチを聞かされるだけだから…」

Bさん「うちもだよ。こっちは疲れて帰ってきたというのに、たまったもんじゃないよな」

Aさん「まったくだよ。仕事で上司にネチネチ言われて、家でもグチに付き合わされていたんじゃ、心が休まるときがないよ」

Bさん「ホント同感、同感」

そんな愚痴をこぼしながら(お互いの傷を舐め合いながら?)居酒屋で酒をあおるビジネスパーソン。“あるある”な光景ではないでしょうか。なかには奥さんのグチに付き合うのが嫌で、奥さんが寝た頃合いを見計らって帰宅する人もいます。気持ちはわかります。まあ、そんなことをしたところで、翌朝に「まったく、いつも飲み歩いてばかりで、あなたは気楽なもんね。私は24時間、家事と育児で手一杯だというのに…」とネチネチ言われるのがオチなわけですが…。

名著が明らかにする女性の特性とは?

こんなふうに書くと「女性はグチっぽい」と断定しているように聞こえるかもしれませんが、正確に言えば、女性はグチっぽいのではなく、男性に比べておしゃべりが好きな傾向にあるのです。

男女の脳の特性の違いを解き明かしてベストセラーとなった『話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く』(主婦の友社)には、こんなことが書かれています。

男の脳は機能ごとの区分けがはっきりしていて、情報を分類し、保存する能力に優れている。難題続きだった一日の終わりには、今日何があったかを整理して、けじめをつけることができる。女はそれができず、うっとうしい感じだけがいつまでも頭のなかをぐるぐると回り続ける。

そのため女がやっかいごとを振りはらうには、それについてしゃべって問題点を認知するしかない。だから今日起こったことを女が話すのは、結論や解決策を見つけるためではなく、憂さを晴らしてすっきりするのが目的なのだ。

つまり、おしゃべりは女性特有のクセなのです。また、同じくパートナーシップの名著として知られる『ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた』(三笠書房)にはこういう記述もあります。

精神のやすらぎを得るために、女性は過去、現在、将来のあらゆる心配事を言葉にして吐き出す。たとえ、どうにもならないとわかっているテーマでも、口に出さなければ気がすまない。話せば話すほど彼女は気持ちが楽になっていく。これが女性の救われ方である。

おしゃべりは、女性にとって自己防衛手段のひとつでもあるのでしょう。女性に関するこの真実を知っているのと知らないのとでは、パートナーシップの築き方に大きな差が生まれます。知らなければ対処のしようがありませんが、知っていれば、対処のしようがあるはずです。

女性の気持ちに寄り添いながら話に耳を傾けよう

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。