ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

現代美術家 円井テトラ、新宿眼科画廊で個展 7年に渡る「自撮り」の追求

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

現代美術家 円井テトラ、新宿眼科画廊で個展 7年に渡る「自撮り」の追求
円井テトラ個展「セルフポートレートは形のない自意識という亡霊の棲家になりうるだろうか?」
現代美術家・円井テトラさんが新宿眼科画廊にて個展「セルフポートレートは形のない自意識という亡霊の棲家になりうるだろうか?」を開催する。

会期は4月29日(土)から5月10日(水)まで。

自意識をこじらせたアーティスト・円井テトラ

円井テトラさんは、東京藝術大学大学院博士課程に在籍中のアーティスト。

「他者や環境を通じて自己を認識する」と考え、写真、セルフポートレートを行う一方、コスプレイヤーやニコ生主としても活動する。実体を持たない魂のような自意識を可視化するための立体、インスタレーション表現も行っている。

今年に入ってから上げてなかった自分の写真数枚。化物語の羽川翼さんのコスプレとかいろいろ pic.twitter.com/daQ38RMg7Q— 円井テトラ@フリーネムソン (@maruiTTR) 2017年2月20日

今回開催される個展「セルフポートレートは形のない自意識という亡霊の棲家になりうるだろうか?」では、セルフポートレートを軸に、平面作品から空間作品まで幅広く展開。

アーティストトーク、レセプションパーティーも4月30日(日)に行われ、美術評論家の伊藤俊治さん、ボカロPで東京大学「ボーカロイド音楽論」講師の鮎川ぱてさんといった面々が登壇するトークイベントも実施される。

引用元

現代美術家 円井テトラ、新宿眼科画廊で個展 7年に渡る「自撮り」の追求

関連記事

日米の巨大ロボット「クラタス vs Megabots」対決が実現 「日本文化を海外にとられたくない」
Appleの動画アプリ「Clips」をディレクターが触ってみた 字幕吹き込みが楽しい!
プロスケーターが「オリンピックに否定的」な理由 宮下公園閉鎖に見るストリートの現在

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。