体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小規模醸造所『マイクロブルアリー』が飲める注目のお店を紹介

エンタメ

クラフトビールが流行りをみせていますが、ビールを醸造している『ブルアリーパブ』なるものが最近注目を集めています。そんな『マイクロブルアリー』が飲めるお店をご紹介します。

 

クラフトビアマーケット

出典:http://www.craftbeermarket.jp/

 

クラフトビールの品ぞろえは抜群で、日本各地のビールが常時30種類。お気に入りが見つかるはず! グラス一杯480円というお値段も人気の理由だとか。虎ノ門をはじめ、神保町のテラススクエア1階など、都内に何店舗か展開されてます。

 

ドライドック

出典:https://www.instagram.com/p/BSOaRTTDQlk/?taken-at=305650291

 

新橋駅の汐留口を出て、高架下を第一京浜目指して歩いていくと、船をモチーフにした建物が見える、ちょっと隠れ家的なお店で話題。カウンターに操舵輪があり、キャビンっぽい演出なども喜ばれているそうです。ボトルビールも60種類以上そろえているというのも注目ですね。

 

常陸野ブルーイング・ラボ

出典:http://hitachino.cc/brewinglab-tokyostation/index.html

 

コラボ企画の新作限定ビールなど、約10種類のビールを楽しむこともできる以外に、ラボ=研究所というだけあって「新しい味わいのビールにしたい」「意外なフレーバーに挑戦したい」などなど、アイディアを加えた世界でたった一つのマイビールを誰でも研究することができるという面白い場所だと人気だそうです。

 

T.Y.HARBOR

出典:https://www.tysons.jp/tyharbor/

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会