体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もっとふたりの仲深まる。室内でサバイバルゲームができる「ASOBIBA 秋葉原フィールド」はカップルにも優しい

もっとふたりの仲深まる。室内でサバイバルゲームができる「ASOBIBA 秋葉原フィールド」はカップルにも優しい ASOBIBA 秋葉原フィールド

雨の日はまったりおうちデート……も悪くはないですが、ずっと家ではちょっと物足りないかも?雨の日でも体を動かしたい!そんなあなたに、カップルで楽しめる室内サバゲーをご紹介。

今回は初めてでも参加しやすい「ASOBIBA 秋葉原フィールド」にお邪魔してきました。

かくれんぼ上手はサバイバルゲーム上手?

サバイバルゲームはエアソフトガンなどの武器を片手に、敵を打ち合うシューティングゲーム!といったらちょっと物騒に聞こえるかもしれません。でも実際は、敵の攻撃を受けないように相手の陣地に入る「かくれんぼ」と同じ。

障害物をうまく使って隠れ、ほふく前進でこっそり進み、時にはダッシュ!相手の弾に当たったらゲームオーバー……子供のころのかくれんぼ以上にスリルがあります。

ASOBIBA 秋葉原フィールド

それにサバゲーは個人戦ではなくチーム戦。メンバーと声を掛け合って協力しあうゲームです。「あのドラム缶の後ろに一人いるから気をつけて」「オレが陽動するから、そのすきに前に進んで」……なんて頼れるカレの姿も見れるはず。

秋葉原から歩いて4分。お仕事帰りにも立ち寄れます

はじめてなら、天気も服の汚れも気にせず楽しめるインドア(屋内)フィールドがおすすめ。ASOBIBAは秋葉原をはじめお台場や池袋、新木場などにもフィールドがあります。

中でもASOBIBA 秋葉原フィールドはJR秋葉原駅の電気街口から御徒町・末広町方面に歩いて4分。雨の日でも苦にならない距離なのがうれしいところです。秋葉原フィールドのアクセスの良さはバツグンで、仕事帰りのスーツ姿で訪れる人もいるほど。

小さなお店が並んだ静かな通りに立つ、色あざやかな案内板が目印です。ASOBIBA 秋葉原フィールド 左手奥の住友不動産秋葉原ビルが見えたらすぐそこASOBIBA 秋葉原フィールド

フィールドはビルの2階。外階段を昇って店内へ入ります

スニーカーだけ履いていけば参加OK。初心者でも遊びやすい工夫あり

秋葉原フィールドに訪れる人の半数以上が初めてもしくはサバゲー参加3回以下の初心者。カップルはもちろん、女性同士での参加も少なくないのだとか。

特に土日は満員になるほど人気なので、公式サイトから予約していくのがベターです。

入店したら参加申し込み書に記入して受付へ。

ASOBIBA 秋葉原フィールド

受付が終われば準備スタート!

まずは服装ですが、動きやすい服ならなんでもOK。パーカーにジーパン、のカジュアルスタイルやスーツスタイルで参加している人もいます。ただし動きやすい靴と靴下は忘れずに。

デートならハンドガンとあわせて、迷彩服もレンタルしちゃいましょう。上下の迷彩服にゴーグルやメッシュマスクにスカーフ、グローブまで用意されています。扉がついた着替えスペースはもちろん、荷物置き場やコインロッカーも完備。ASOBIBA 秋葉原フィールド
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。