ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

怖すぎると話題の自称ゆるキャラ「ガジロウ」 ゆるくない理由を作者に聞いた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
怖すぎると話題の自称ゆるキャラ「ガジロウ」 ゆるくない理由を作者に聞いた

「これはゆるキャラです」 作者であり兵庫県・福崎町役場の小川知男さんがこう言い張る、福崎町のPRキャラクター「ガジロウ」がどうみても泣く子も黙るレベルに怖すぎて話題です。これは……ゆるくない……。

【すべての画像や動画はこちら】

■誕生のきっかけは町長

作者の小川さんはもともと絵や造形が趣味だったそうですが、このガジロウ誕生のきっかけは町長の一言だったと言います。

同町では当時、「妖怪談義」の作者で知られる柳田國男さんの生家がある辻川山公園の池の美化に頭を悩ませていたそうです。そこで、一計を案じた町長が「公園の池がきれいにならないので、だったら濁ったままで河童でも出しといて」と指示を出し、絵や造形を趣味にしていた小川さんの心に火がついたのでした。

「設置した26年はゆるキャラブームで乱立していましたので、どうせならむちゃくちゃ気持ち悪いのを作ったほうが目立つよね」と当時を振り返り語る小川さん。またゴミのポイ捨てをやめさせるという目的もあったとして「もともとナマハゲ的な要素を持たせたかった」ともガジロウに込めた思いを教えてくれました。

こうした流れを経て、辻川山公園の池の中に現在置かれるガジロウの造形が完成しました。勿論元の造形も小川さん作。粘土で作ったものを業者に渡し実寸大に立体化してもらったそうです。

なお、このガジロウ像。辻川山公園の池の中以外にも、町中にいくつか置かれています。JR福崎駅の駅前にはベンチで将棋を楽しむガジロウ像が置かれているそうです。

■ガジロウ、次の展開は全国区!?

ガジロウは他にもグッズ展開が開始されており、『福崎町妖怪プラモデルシリーズ第1弾』として5月26日に価格1350円(税込)で発売されます。4月3日から予約受付が全国小売店で開始されていますが、2000個生産したところなかなかの予約ぶりだとかで「ホビーサーチさんで今1位なんです」と嬉しげに現在の状況を教えてくれました。ちなみに最初の生産は2000個ですが、足りなくなるようならば即再生産を検討するとのこと。もし一時的にネットオークションなどで高値で出品されても、決して手を出さないようにしてください。


また、尻子玉という名のうずらの卵が入った『かっぱカレー』も4月に新発売されました。こちらはAmazonからでも購入可能。定価は一つ570円(税込)となっています。


さらに、公園美化から始まったガジロウは、現在着ぐるみも用意されています。しかも2代目。町の大きなイベントにだけ出しているそうですが、小川さん曰く「メディアのオファーがあれば随時」と幅広い展開に野心を滲ませていました。

町長の一言で誕生した自称ゆるキャラの「ガジロウ」。ネットでは以前よりちょこちょこ注目されていましたが、このところテレビでの露出も増えており今後ますますの活躍が期待されます。これまでご当地キャラクターといえば、熊本県の「くまモン」はじめ、可愛いキャラクターが中心でしたが、それもこのところ供給過多気味。もしかするとそうした隙を突いて、次の人気ご当地キャラクターの座をこのガジロウが射止めてしまうかもしれませんね。今後の活躍が本当に楽しみです。

・画像提供:兵庫県・福崎町地域振興課地域づくり係

(宮﨑美和子)

関連記事リンク(外部サイト)

『小学一年生』付録にサンプラー!?編集長に色々聞いてみた
クレカ手裏剣で「CARD OK」 岩手配布のピクトグラムが斜め上行ってて面白い
都立動物園、鳥インフルエンザ感染防止のため一部鳥類の展示を中止

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。