ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

KEYTALK、初のドラマ主題歌書き下ろしが決定!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

KEYTALKが、4月19日(水)よりスタートする深夜ドラマ『3人のパパ』(TBS系 毎週水曜23:56〜24:26)の主題歌を書き下ろすことが決定した。バンドとしてドラマ主題歌の書き下ろしは初となる。
KEYTALK (okmusic UP's)
このドラマは、今を生きる“ゆとり・さとり世代”と呼ばれる男たちが、過去の無責任な行動が原因で赤ちゃんを育てることになり、困難にぶつかりながらも目の前の命と向き合い、共に成長する姿を描くハートフルコメディ。主演は民放連続ドラマ初主演となる堀井新太が務める。

気になる主題歌のタイトルは「黄昏シンフォニー」。この曲は寺中友将が作曲を手がけ、KEYTALKとしても新たな始動を感じられる疾走感とともに、このドラマ作品にぴったりな楽曲となっている。

また、この「黄昏シンフォニー」を6月7日に11枚目のシングルとしてリリースすることも決定した。関係者の各コメントは以下の通り。

【各関係者よりコメント】
■ドラマプロデューサー TBS 松本友香

「登場人物と同世代のアーティストにお願いしたいと思い、今最もキテいる4人組ロックバンドのKEYTALKさんに、主題歌をお願いしました! ライブやプロモーション稼働中の忙しいなかでしたが、何度もやり取りを重ね、ドラマの世界観を考えてくださり、登場人物たちの心情とリンクする曲になっていると思います!!

ゆとり・さとり世代と言われ、欲が無く、コミュニケーションが希薄な若者たちの危うさ、脆い青さが疾走感で表現され、赤ちゃんとの生活で得る人間らしさや温かみが、「夕暮れ」「黄昏」を描くことでハートフルな印象にも感じさせてくれます。そのバランスが私はとても好きです」

■KEYTALK 寺中友将

「初のドラマ主題歌、書き下ろしということで、ドラマ制作スタッフの皆様と密なディスカッションの中『癒しの時間と光』というテーマに辿り着きました。

ゆとり世代と言われる僕らと同世代の人達も社会人になって、いつの間にか大事な仕事も任せてもらえるような歳になり、知らず知らずの内にプレッシャーも悩みも抱えています。仕事帰り、満員電車の窓から見える景色。黄昏時の夕焼けの光に、その日々の疲れを癒す力を感じることがあります。

そんな温かな光と同じ力を「黄昏シンフォニー」からも感じて頂けると嬉しいです」

シングル「黄昏シンフォニー」
2017年6月7日発売

VICL-37277/¥1,000+税

<収録曲>

01.黄昏シンフォニー

02.F.A.T

※初回生産分特殊仕様予定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。