ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【立ち飲みアイドル】清亜美さんに聞く「センベロ居酒屋の楽しみかた」【川崎競馬場】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:Meshi2_IB:20170320121444j:plain

「立ち飲み」を愛するアイドルを知っていますか

最近ではすっかりポピュラーな趣味となった「せんべろ飲み」。

ホッピーとチューハイ、煮込みと串が織りなす甘美な世界は、かつてのオヤジ趣味というイメージから脱しつつあります。

でも「せんべろ飲みが趣味のアイドル」がいる、と聞いたら驚きますよね。

というかキュンキュンときめきますよ!

そんなアイドルが「清竜人25」の清亜美さん。

そのパワフルかつキュートな楽曲とエンターテインメントに満ちたステージ、そして恋愛禁止が当然と言われる業界で「夫とその妻によるアイドルグループ」と話題になった清竜人25の第3夫人である彼女。

ブログで巣鴨・大井町・月島……とシブい街で「せんべろ飲み」を楽しむ姿をアップしだしたところ、たちまち話題に。最近では「せんべろ飲み」を振り返るトークイベント「スナック亜美」を開催するまでに。

f:id:Meshi2_IB:20170320121443j:plain

▲清 竜人25 2ndアルバム『WIFE』初回限定版ジャケット。ちなみに亜美さんは左から2番目

清 竜人25「愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡」MV

あらためて「せんべろ飲み」の魅力や、どんな基準でお店を選んでいるのかをうかがわせてください、どうせならおすすめのお店で話を! とお願いしたところ、指定されたところはまさかの……

f:id:Meshi2_IB:20170320123246j:plain

川崎競馬場!

これまで何度かアイドルの取材はしてきましたが、競馬場を取材場所に指定されたのは初めてです。さらにその場内で指定されたのが、もつにこみ屋「志ら井」。

f:id:Meshi2_IB:20170320121441j:plain

▲このお店に貼られたメニューだけで100点!

もちろんまわりは競馬新聞と馬券を握りしめ、スクリーンやコースを熱心に見つめるおじさんたち。そして流れる「次は第6レース、パドックの案内です」という場内アナウンス。そんな夢追い人たちにとって時にはエナジードリンク、時には勝利の美酒となるお酒やアテを提供するこちらのお店が亜美さんのおすすめとは、ちょっと予想外すぎます!

f:id:Meshi2_IB:20170320122559j:plain

▲「ハイボール」(500円)と「おでん」(100~200円)を両手に

──なぜ今回、まさかの川崎競馬場を選ばれたんですか?

最近わたしの中で熱いスポットなんです! 前から競馬場に行ってみたかったんですけど、電車の広告でイベントがあるって知って行ってみようと思って。それで去年末かな、初めて行ったんです。そしたら、おじさんとのコミュニケーションが面白くって!

──初回でおじさんとコミュニケーションって、いきなり上級者っぽいアプローチですね!

最初、競馬をどう見たらいいかわらなくって、とりあえず競馬新聞買って見ていたんですよ。そしたら隣におじちゃんが座ってきたんです。それで「どうやって楽しんだらいいですか?」って聞いたんです。

──おじちゃんもびっくりしたでしょうね、亜美さんみたいなコに話しかけられたら。

そしたら、そのおじちゃんが「競馬は楽しむもんじゃない、苦しむもんだ……」って話をしだして(笑)。

f:id:Meshi2_IB:20170320121553j:plain

▲ハイボール片手、背にはレース結果でこう絵になるコはなかなかいません

──最初からとんでもないおじちゃんに会いましたね!

「だから(競馬には)絶対ハマっちゃダメ、苦しいんだからね」って言われて。でも結局、競馬新聞の読み方とかも教えてもらったりして。

──ハマるなよ! と言いつつ教えてくれるんだ(笑)。

そういうコミュニケーションがあって、後で優待券をくれたんですよ。それを使って今年の頭にもう一度行って。賭け方とかはまだよくわからないんですけど、ご飯おいしいし、お酒飲みながら見るのって楽しいなって思って。それからですね。それとこのもつ煮が気に入っちゃって!

f:id:Meshi2_IB:20170320121551j:plain

▲おすすめの「志ら井」のもつ煮込み(450円)

f:id:Meshi2_IB:20170320121550j:plain

▲もつを食べた時のこの笑顔!

あ~、おいしい! 食べてみてくださいよ、すっごいおいしいんで。本当、今推しなんです(笑)。

──店内の大鍋で煮込んでましたけどクリーミーな感じでいいですねえ。

アテには最高ですよ~。

──いつも居酒屋さんでは、どういったメニューを頼まれるんですか?

煮込みとか大好きなんですけど、毎回頼んじゃうとブログが煮込みだらけになっちゃって。ちょっと我慢してるんです(笑)。あとはポテサラ大好きですね! ポテサラがおいしいお店は他のメニューもおいしいと思います。

──ブログを見るとお酒はホッピーとかハイボールあたりが多いですよね。

昔は甘いお酒とか飲んでたんです。かわいいやつ、カシスオレンジとか。でも夏に汗をかいた後に飲んだ一杯のビールで目覚めました(笑)。本当にある日気づくんですよね~。

──そこからビール党に。

今はホッピーが好きですね。家にストックがあるんです、母親も好きなので。(焼酎は)キンミヤですよ、ちゃんと(笑)。

──そこにこだわるのは本当に好きな人ですね~。

f:id:Meshi2_IB:20170320121548j:plain

▲店先にはもつ煮込みの大鍋とおでん鍋が。ひかれまくり!

──今は甘いのは飲まないんですか? バーとか行ったりしてそうですけど。

おしゃれなバーとかにはぜんぜん行かないです。行ったことないわけじゃないですけど、雰囲気が肌に合わないんですよ。みんながワイワイしてる空間が好きなんですよね、雑多な感じの。

──それでブログでレポートしてるような、せんべろ的な界隈に。

庶民的っていうか、整理されていない感じの街並みが好きなんだと思います。育ったところがどっちかというと静かな住宅街で、あんまり好きじゃないというか、たぶんその反動ですね。それか本能(笑)。

f:id:Meshi2_IB:20170320122537j:plain

▲煮込みには「生ビール」(600円)ももちろん合います

ちなみに上写真の右下にあるやつ、何かわかりますか? これは紙パック日本酒を再利用したトレイで、まとめて何杯か紙コップを渡すときはこれでお店のおばちゃんからもらえて、亜美さんも「これいいですねー!」と大喜び。こういう発見で盛り上がるとか、完全に仕事を忘れてしまいそう……。

──もともとひとり飲みはアイドルになる前からやっていたんですか?

いろんな所に行くようになったのはブログを始めてからですね。まだまだ新人です。もともとお酒は好きだし、ひとり行動が好きなんですよ。海外旅行もLCCでひとりで行ったりとか、ちょっとした冒険が好きで。それでひとり旅とお酒が融合できて、さらにブログのネタにもなるし、いいかなって。いい趣味にもなるし、ストレス発散にもなるし。

──今まで行ったのは、どの辺のスポットですか。

最初に行ったのが巣鴨で、大井町とか熱海とか高田馬場とか……最近面白いなと思ったのが町屋? いい空気出してましたね~。

──入るお店は先に目星つけて行くんですか。

狙っては行ってないですね。むしろ口コミサイトとかで紹介されていないようなお店に行きたい(笑)。好きそうなお店がだいたい裏道にあるんですよ。お店の「入りづらさ」は結構重視しているかもしれないですね~。そういう所の方が、お店は充実していたりするんで。わたしの「いいお店」の基準が、ご飯がおいしいとかよりも、地元の人がいるとか、アットホーム感を重視しているんです。だから小さいお店で、のれんが古びているようなお店とかいいですね。そういうお店が長く続いてる時点で、地元の人に愛されているはずなので。

──そこまで読んで選んでるんですか!

f:id:Meshi2_IB:20170320121703j:plain

▲競馬はまだ勉強中。でもまだ入っていない競馬場内のお店の方にひかれる亜美さんでした

──じゃあお店の外観で決める感じですね。

そうですね、あんまり扉が開け放たれていて「入ってください!」みたいな所は「ちょっとな~」ってなっちゃう。かなり直感で行ってます。入りづらいお店の方が扉を開くのは緊張するけど、入ると常連さんしかいなくて「お店を存続してほしい」みたいに思っている人がいたりして、「若い人が来ないから、おねえさんみたいな人が宣伝してね~」みたいに言ってくれる(笑)。

「攻めの姿勢が大事なんです、居酒屋さん巡りは」

──最近は「飲み屋さんで知らない人に声かけられるのはちょっと……」という人も多いようですが、積極的に楽しんでいく亜美さんの姿勢いいですね。ブログを見ても、そういうお店を選ぶ嗅覚が本当に優れています。では今まで行ったなかで、思い出のお店を教えてください。

ブログで2回目にいった大井町のお店が、初めて行った“入りづらいお店”だったんですよ。扉も閉まっててぼろぼろの看板で、中も見えない。入って最初はお店のおじさんと1対1だったんですけど、徐々に常連の方が増えてきて、わたしに団塊の世代の文化の話とかしてくれたりして(笑)。

──酔いにまかせておじさんたちが一斉に団塊トークを(笑)。

それ以上に後から来た女の人がけっこう強者だったんですよ! 50代くらいのおばさまなんですけど、かなりお酒が好きな方みたいで。それで「もうおばちゃんは、お酒が好きすぎるからね~」とか言って、すぐ仲良くなってくれて。

f:id:Meshi2_IB:20170320121702j:plain

▲「おでん」(100~200円)にはからしもたっぷりつけて

f:id:Meshi2_IB:20170320121700j:plain

▲“煮こみ”の提灯がこんなに似合うアイドルがいるとは……

──そういう方にオープンなお店なんですね(笑)。

本当にオープンなお店で、常連さんは行き来自由みたいな感じで。そのおばさまは一回出て100円ショップで乳液を買ってきたと思ったら、「これすごくいいから、おねえさん手出してみ?」みたいな感じで手に塗られて、揉み込まれる、みたいな……。

──居酒屋さんとは思えないコミュニケーション!

わたしも「これ、効きますね~」みたいな感じで。そこで楽しさに目覚めましたね。そういうハプニングが楽しいです。攻めの姿勢が大事なんです、居酒屋さん巡りは。

──「攻めの居酒屋さん巡り」って初めて聞きましたよ!(笑)

「ひとり飲みじゃないと戦闘力が上がらないんです」

f:id:Meshi2_IB:20170320122520j:plain

▲競馬場の開放的な空気がまたいいんですよね

──飲む時は、どのくらいの量飲むんですか?

ブログとかの時は1杯ですね。他で飲んでも2〜3杯。気持ち悪くなるのがイヤで、たしなむくらいで。

──いい飲み方ですね。乱れない程度。

昔は失敗もありました。だいたい“熱いメール”を送っちゃうんですよ、「すべてに感謝」みたいな。なんか熱苦しいポエム、みたいな(笑)。だからお酒を飲む時は、SNSやLINEはやらないって決めてます。本当に危ないから。

──酔うと語り出す系なんですね……。でもひとりで飲みに行けちゃうのはいいですね。だいたい女性は友達と連れ立っていくイメージですけど。

それだとあんまり戦闘能力が上がらないんですよ(笑)。一人の時が高まるんです。人と一緒だと気を使わなくて済むし。

──よほど気が合わないと怪しい居酒屋さんとか絶対入らなくなりますよね。では今日の川崎競馬場以外で、今まで行ったお店で「最高だったな~」ってお店を教えてもらえます?

最近感動したのは、高田馬場の「里」ってお店で。個人経営の小さい居酒屋さんなんですけど、ナイルレストランで修行されてたお父さんがやっていて、カレーのルーとかすっごおいしくって。ご飯なくてルーだけなんですけど、小麦粉を使わずに玉ねぎを2日間くらい煮込んだような本格的な味で。お父さんもすごいいい人で。あとのれんもいい。古くなってて。

f:id:Meshi2_IB:20170320121657j:plain

▲川崎競馬場も「小奇麗で入りやすいですよね」とお気に入りです

あとは浅草地下商店街の「田んぼ」。入ったら泥酔してるおじさんがいて、「若い子が来てくれてうれしいよ~。おじさんいっぱい飲んじゃうよ~」って熱燗頼みだして。おかみさんが「ごめんね~、迷惑かけちゃって」みたいに言ってくれて、すごいアットホームでご飯も肉豆腐とかおいしくて最高でしたね。あと熱海に行った時に「ひで」ってお店があって、ここも観光客向けのお店が多いなかで、離れたところにあってよかったんですよ。最後に温泉寄って帰りたいなと思って「どこがいいですか?」って聞いたらおすすめを教えてもらったり。

──普段気づかないようないいお店を見つける嗅覚がすごいですね。ブログでそういう居酒屋さんのルポを書き始めて、ファンの方とか変わりました?

ツイッターで「アイコンがお酒」みたいな人がめっちゃ増えました(笑)。

f:id:Meshi2_IB:20170320121724j:plain

▲最後はパドックに。ハイボールと美女がまぶしい

──アイドルファン的なアニメアイコンじゃなくてお酒アイコン勢!

キラキラしてないアイコンの方が多くて(笑)。でもうれしいですよ。届いてほしい方に届き始めてるんだなって。趣味を発信して、それが返ってくるってのはうれしいです。アイドル文化になじみがない方も読んで欲しいです。酔いどれを増やしていきたい。

──酩酊界のアイドルとして! では最後に同じ居酒屋さん好きの同志にメッセージをひとこと!

いろんな扉を開いてみてください。勇気ある一歩ですけど、開いちゃえば新たな楽しみが待っているんで!

お店情報

志ら井

住所:神奈川県川崎市川崎区富士見1-5-1 川崎競馬場 2号スタンド>2F

電話:非公開

営業時間:川崎競馬場開場時間に準ずる

営業日:川崎競馬開催日

www.kawasaki-keiba.jp

※この記事は2017年3月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

清 竜人25リリース情報

清 竜人25 2ndアルバム『WIFE』

2017年4月12日Release 初回限定盤 [CD+DVD]

TFCC-86583 ¥4,500(+tax) 封入特典:ランダム封入ブロマイド(全6種)

通常盤 [CD]TFCC-86584 ¥2,800(+tax)

清 竜人25 ライブ情報

“メーク♡ラブ♡ツアー” 4月20日(木)名古屋 ダイアモンドホール 4月21日(金)大阪 BIGCAT 4月23日(日)東京 TSUTAYA O-EAST 4月24日(月)東京 TSUTAYA O-EAST 5月11日(木)札幌 cube garden 5月16日(火)仙台 darwin 5月17日(水)盛岡 Club Change WAVE 5月19日(金)新潟 NEXS 5月26日(金)京都 MUSE 5月27日(土)神戸 Varit 5月28日(日)岡山 YEBISU YA PRO 5月30日(火)福岡 BEAT STATION

“ラスト♡コンサート”

6月17日(土)幕張メッセイベントホール

書いた人:大坪ケムタ

大坪ケムタ

日本全国どこに入っても手早く安心して食べれるチェーン店好き。特に茶色い食べ物と期間限定メニューには目がない。天丼はえび天よりかき揚げ派。普段はアイドル・芸能etcよろず請け負うフリーライター業。 Instagram:@kemtaotsubo

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

マレーシアブーム到来の予感!? 人気の秘密を探るべく、マレーシアごはんの会が主催する料理教室に行ってみた
老舗の魚屋さんが教える、お手軽「おつまみいなり寿司」【今週はお花見レシピ】
神奈川西部エリアのグルメキーワードは「ラーメン+α」~名店巡礼 神奈川西部エリア編~【タベアルキスト】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。