ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

GWに足を伸ばしても行きたいちょっと変わった展覧会

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

GWに足を伸ばしても行きたいちょっと変わった展覧会
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。東京を中心に、生活を彩るカルチャートピックやアートイベントをご紹介しています。4月10日(火)のオンエアでは、現在、市原湖畔美術館で開催中の展覧会「カールステン・ニコライ:Parallax パララックス」を取り上げました。

カールステン・ニコライさんはドイツ出身のアーティスト。光や音、自然現象に注目した作品を作っています。また、アルヴァ・ノト名義で音楽活動もしており、坂本龍一さんとのコラボ作品でも知られています。

今回の展覧会は、横幅が18mもある映像作品、上空9000mから撮影した雲の映像や写真など、6つの作品が示されているそうです。展覧会のタイトルに込めた意図について、ニコライさん本人にお聞きしました。

「パララックスとは、同じ対象物に対して違う視点をもつということです。我々は実際、右と左の目で違うとらえ方をしていますが、脳の中でひとつのものとして形成しています。左右の目の距離、差異をパララックスというのですが、ひとつのことに対して2つのアプローチをするということは、自分たちにも置き換えられることです。一人で観るのと二人で観るのとでは差異が生まれますから」(ニコライさん)

市原湖畔美術館は、建物のかたちもユニーク。湖のそば、ちょっとした丘の上にあって、2階まで吹き抜けの展示ルームや、ひとつだけ窓から外が見える部屋があったり、ニコライさんも今までに発表した作品を、今回のために、この建物のかたちを生かして作り直したんだそうです。

子供も楽しめる空間だそうなので、行楽シーズンとなるこれからの季節、ちょっと足を延ばして遊びに行ってみてはいかがでしょうか。展覧会は5月14日(日)までの開催です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。