ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【続編】カネコアヤノのライヴ(バンド編成)を女子インターンと一緒に観に行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【続編】カネコアヤノのライヴ(バンド編成)を女子インターンと一緒に観に行ってきた

2017年3月27日(月)、下北沢THREEにて〈we are presents『偶然の音楽vol.6』〉が開催、カネコアヤノ(バンドセット)とナツノムジナの2バンドが出演した。

OTOTOYでは先日、「【ガチ検証】カネコアヤノのライヴを高校卒業したての女子インターンに見せてみた(http://ototoy.jp/news/85571)」という記事を紹介したが、前回はバンド編成だったので、同じ女子インターン生を連れてライヴを観に行ってきた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

この日は平日月曜日ではあったものの、会場には多くの人たちが集い、お酒を飲んだり談笑したりと、ゆったりとした空気が漂っていた。ライヴの途中に坦々麺なのか麻婆豆腐なのかピリッとした中華系の匂いがしてきて五感が刺激された一夜となった。

先行で登場したのは、4人組男性バンド、ナツノムジナ。やわらかなサイケデリアが心地よく、初めてライヴを観たけれど一発でそのアンサンブルに惚れてしまった。NATSUMENの楽曲に「Natsu No Mujina」という曲があって、変拍子だったり展開が複雑だったりで最初はよくわからなかったけど、何回かライヴを観るうちにエモーショナルさがわかり癖になって大好きになった思い出があるので、個人的にはバンド名もぐっときたりして、あっという間に40分が経ってしまった。

そして、後攻で登場したのがカネコアヤノさん。今回はバンドセット。ベースとドラムはおなじみの本村拓磨さんと濱野泰政さん。ギタリストは、元・踊ってばかりの国の林宏敏さん。2016年11月22日(火)に下北沢SHELTERで行ったライヴ以降、バンド編成はこの4人で定着している。現状、バンドセットはそれほど数多くないので、カネコさんのライヴがはじまるとさらにお客さんが会場増えていった。

カネコアヤノさんのバンド編成の特徴のひとつに、緩急の妙がある。基本的に、それほど大きな音は出さないし、無駄に音で空間を埋め尽くしたりはしないけれど、ここぞというときにアンサンブルが爆発する。その一瞬がとても心地いい。あと、弾き語りとは違って、カネコさんが喉を全開で歌っているのもバンドセットならでは。空気が震えるという表現があう。ライヴハウスの空気はカネコさんに服従している、そんな感じがする。

この日は新旧含め13曲、アンコールでは2曲を演奏した。新曲も3曲披露した。なかでも、「こころとことば」と「グレープフルーツ」の2曲が筆者は1番ぐっときた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ここまで読んで、インターンのYさんが出てこないじゃないか!! というツッコミが入ると思うのですが、彼女は真剣に食い入るようにライヴを観ていました。

せっかくなので本人に感想を書いてもらおうと思ったのですが、なかなか自分の言葉にすることが難しいらしく、原稿がまだできていません…。なので、機会を改めてYさんに話を聞いてみることをお約束します。今日のところはごめんなさい(涙)。

ちなみに、ライヴが終わってからYさんは物販で、弾き語りのライヴ音源『LIVE AT ZAMZA ASAGAYA JAN.31,2017』を買っていました。もしかしたら、弾き語りのほうが好きだったのかな…?(西澤裕郎)

〈we are presents『偶然の音楽vol.6』〉
2017年3月27日(月)下北沢THREE
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : 前売 2,500円
出演 : カネコアヤノ(バンドセット) / ナツノムジナ
※バンドセットでの出演

2017年3月27日(月)下北沢THREE
カネコアヤノ SET LIST

1. 退屈な日々にさようならを
2. 天使とスーパーカー
3. 恋しい日々
4. てんごく
5. コンビニ
6. 朝になって夢からさめて
7. 新曲1
8. 新曲2
9. さよーならあなた
10. とがる
11. こころとことば
12. グレープフルーツ
13. ポップなおんな

アンコール
1. カウボーイ
2. 新曲3(弾き語り)

■Release Info
2017年4月26日(水)全国発売
カネコアヤノ New EP(生産数量限定盤)
『ひかれあい』
価格 : 1,400円(tax-in) / 1,296円(tax-out)
収録曲 :
1. とがる
2. 天使とスーパーカー
3. 朝になって夢からさめて
4. とがる(弾き語り) 
5. 天使とスーパーカー(弾き語り)
6. 朝になって夢からさめて(弾き語り)

・カネコアヤノHP
http://kanekoayano.net/

・カネコアヤノ「ひかれあい」特設サイト
http://kanekoayano.net/special/hikareai/

【続編】カネコアヤノのライヴ(バンド編成)を女子インターンと一緒に観に行ってきた
カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。