体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2日で37回のプレゼンを聴いて思ったこと─澤円が伝えたい「本番で役立つ6つのプレゼンテク」

TECH LAB PAAK報告会、LINE BOT AWARDでのプレゼンを聴いて

皆さんこんにちは、澤です。

つい先日、二日連続でITイベントに参加して、たくさんのプレゼンを聴くことができました。

一日目は、TECH LAB PAAKさんの第7期生成果報告会。こちらの報告会では、13組のプレゼンが披露されました。

私はコメンテーターとして参加し、それぞれの報告に対するコメントをさせていただきました。非常に多岐にわたる独創的なソリューションが紹介され、とても楽しいイベントでした。

二日目は、LINEさん主催のLINE BOT AWARDS。こちらでは優勝賞金1000万円をかけた作品発表を控えた皆さんに対して、プレゼンの直前講習を実施するという、なかなかの重責を担わせていただきました。

LINE BOT AWARDSファイナリスト向けプレゼン直前講習の風景

このイベントでは、24組のプレゼンターが登壇し、LINEのchatbotを使った素晴らしいソリューションが披露されました。

どちらのイベントも、登壇者の皆さんが自分たちで作り上げた製品やサービスを紹介するもので、様々なアプローチ方法で特徴やメリットをアピール。プレゼン時間はどちらのイベントもやや短めに設定されていて、5分から10分程度でした。

これだけ数多くのプレゼンテーションをまとめて聴く機会は、今までなかなかありませんでした。おかげさまで、大変多くの学びを得ることができました。

そこで感じたことをお伝えしつつ、実践的なプレゼンのテクニックを紹介したいと思います。

<機器接続>「つながらなかった場合」を想定した準備をする

いきなりテクニカルな内容ですが、とにかく目立ったのが、機器接続で手間取ってしまうグループが多かった印象です。

映像が出ない、音声が出ない、そもそも接続用アダプタを持ってきていない…。発表の場で自分たちのコンピュータがうまくつながらないことは、本当によくあることです。それを「会場のスタッフが悪い」と怒ったところで、自分たちは何も得ることはできません。

「つながらなかった場合」を想定して、いろいろな準備をしておくことは、エンジニアが自分の成果を多くの人に伝えるためには絶対に不可欠なことです。

ディスプレイケーブルはVGA、HDMIの両方を準備しておけば、現地のプロジェクターに合わせて選択することができます。MacとWindowsの両方のPCが準備できていれば、機器の相性によるトラブルを避けられる確率が大幅に向上します。

音が出なかった場合を想定して、外付けのポータブルスピーカーを持ち歩くのもおすすめです。いざとなれば、そのスピーカーをつなげて会場のマイクを前に置けばいいわけですから。

<登壇人数>人数は絞った方が絶対にプラスに働く

複数人で登壇するグループが結構いたのですが、ほとんどの場合「意味もなく並んでいる」という状態でした。

おそらく、チーム全員で発表に臨むぜ!ということだと思うのですが、見ている側からすれば一言も発することなく立っている人たちは視覚的なノイズでしかありません。

複数人で登壇する場合には、「なぜこれだけの人数が登壇しているのか」の必然性が大事です。その必然性が説明できないなら、登壇する人数は絞る方が絶対にプラスに働きます

もしメンバーの紹介もしたいのなら、最後に全員出てきて「ここにいるみんなで作り上げたサービスです!」というようなプロデュースをした方が、聴いている側も納得感があります。ぼけっと立ってるのだけは、避けるようにした方がいいですね。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。