ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お笑い芸人がオススメする「このラーメンを食え!」〜ブランドアップ・軽部〜

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
お笑い芸人がオススメする「このラーメンを食え!」〜ブランドアップ・軽部〜

今回お話を伺ったのは、ホリプロコム所属のお笑いコンビ「ブランドアップ」の軽部さん。軽部さんが教えてくれる「オススメのラーメン屋」とは!?

SONY DSC

スパイスラーメン卍力

軽部さんがオススメするのは西葛西にある「スパイスラーメン卍力(まんりき)」。よくある醤油味や味噌味などではなく、クミンやターメリックなどカレーなどに使うようなスパイスを多量に使っているのだが、かと言って、その味はいわゆるカレーラーメンでもない。その為、卍力の独特のテイストは「スパイスラーメン」という言い方しか出来ないという。他に類を見ないニュージャンルの一杯は、ここ以外では絶対に味わえない。

オンリーワン

「卍力」の店主は、山椒が多い「カラシビラーメン」で有名な、神田にある「鬼金棒」で働いていた方で、独立して西葛西に店を出したという。その為、スパイスに造詣が深い。味は、香辛料が強く、比較的辛め。文字通り「スパイスラーメン」が定番メニューであり、あとはトッピング次第で、パクチーを乗せた「パクチーラーメン」など、言うなれば、タイやベトナムなどのエスニック料理に少し近いのだが、かと言って、トムヤムクンなどとも、また違う。「これは本当に、スパイスラーメンとしか言いようがないんです」と軽部さん。風邪の引き始めかな、という時に行くと、汗がどばっと出る為、体調がちょっと悪い時期に行くとたちまちに治ってしまうそうだ。

最後まで目が離せない

個性的な人物が多いイメージがある「ラーメン屋の店主」だが、「卍力」もその例外ではないらしく、店主は、自分の髪型を店名の「卍」にしているのだそう。坊主で、上の所だけ、モヒカンの形が卍になっている。ただ、頭頂部である為分かり辛く、最後の「ありがとうございました」の瞬間の時に、初めてお目にかかれるそうだ。店が出来た当初は全然並んだりしていなかったのだが、徐々に人気になっていき、今では、日曜日は1時間くらい並んで待たなければならないのだとか。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。