ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

糸井重里に聞く「ほぼ日」社員採用の基準とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

糸井重里に聞く「ほぼ日」社員採用の基準とは?
J-WAVEの新番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。4月6日(木)オンエアは、糸井重里さんを迎えて、あの名曲の裏話や上場した「ほぼ日」のことなど、じっくりと伺いました。

この日は、巨人が5連勝していることもあって、上機嫌だった糸井さん(笑)。やはり、負けた時は落ち込むそうで、糸井さん自身も「僕の欠点は、野球に真剣になりすぎること」と言っていました。6月4日には、野球を知らない人でも試合が楽しめる「野球で遊ぼう。2017」というイベントが開催されます。試合後のグラウンドに降りて記念撮影もできるとか。

そんな数々の企画を実現しているのが「ほぼ日刊イトイ新聞」。そしてその運営を担う「株式会社ほぼ日」が、東京証券取引所に上場しました。上場したことによって、いろいろな変化があったそうです。

クリス:上場すると良いことはあるんですか?
糸井:まず、皆さんが知ってくれるんです。「ちゃんと、会社をやってたんだ」って。社員のご父兄が、いい加減なところに就職をしたと思ってたとしても「ちゃんとしてるじゃないか」と。あとは、知らないおばあちゃんから「おめでとうございます。買うわね」って、八百屋みたいに声をかけられたり(笑)。

と意外な変化を教えてくれました。糸井さんが「ほぼ日刊イトイ新聞」を初めてもうすぐ19年になるそうですが、5月に初めて休みをとるそうです。

クリス:休み下手になってたりしませんか?
糸井:なりますなります。でも僕はもう歳を重ねてるし、爪に火を灯して暮らさなくてもいいわけですよ。高級旅館に泊まってもいいし、一方でヒッチハイクをしている人を見ると羨ましいとも思うから、休みにそういうのを両方やろうと思って。だから、ひょっとするとどこかで寝袋で寝てるかもしれないし、高いところに泊まってるかもしれないし。神出鬼没をやってみたいなと思ってて。
クリス:いいですね〜。
糸井:人間は自由なんだよっていうのをやれたら羨ましいと思って、自分でやるんです。
クリス:自分で決めちゃってる範囲があって、とっぱらいたいですよね。

その後、糸井さんが作詞を担当した矢野顕子さんの「春咲小紅」の話になりました。「『春咲小紅』はメロディーの候補が2つあって、採用しなかった方のメロディーは別の歌詞をあてて『ただいま。』という曲になったんです」と糸井さん。思わぬ事実にクリスは驚いていました。

さらに、「ほぼ日」にまつわる質問に答えました。「新入社員や中途採用の採用基準は」という質問には、「倫理観が大事というか、『悪い奴じゃない』っていうのがものすごく、大事なんです。実績はあるけど人間的に問題がある時は、実績はなくても人間的に付き合いやすそうな人が優先されます。それに、長くいると仕事ってできるようになるから。会社もそういう会社にしたくて創ってきたので」と答えました。

また、仕事に対する姿勢に関して、糸井さんは「『良いことをしているつもりの時ほど、悪いことをしているつもりになれ』っていうことを先輩に教わって、それは折に触れて会社でも言ってます。良い事をしている時は偉そうになっちゃうけど、それはあまり良いようにはならないので、普通にしていたいんです」と答えました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。