ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

初めての離乳食に疲弊しきっていた私。ベビーフード導入を決意したきっかけは先輩ママの一言でした

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20161020210705j:plain

私はもともと料理があまり得意ではないので、離乳食のことを考えるたびに「私にできるのかな…どうしよう…」と不安ばかりが募っていました。長女は生後6か月から離乳食をはじめたのですが、はじめのうちはおかゆをすりつぶしたものを与えるだけなので、手間ではあるもののそんなにプレッシャーではありません。

しかしそこから「野菜も食べさせてみましょう」「たんぱく質である肉類も加えましょう」「スープにしてみましょう」などとステップアップするにつれ、だんだんと混乱してきました。

私は面倒くさがりな一方で、思い込みが激しい部分もあります。本に「野菜は数種類食べさせたほうがいい」と書いてあると「ああ、今日は人参しか食べさせなかった、どうしよう」と落ち込んだり、「赤ちゃんにはお母さんの愛情こもった手作りの離乳食が一番」と書いてあると「市販のベビーフードなんて食べさせないわ!」と意気込んだりしていました。 関連記事:市販のベビーフードを使う罪悪感…。あの頃の私に伝えたいこと by きのかんち

しかし、赤ちゃんの食欲は気まぐれです。意気込んで何種類もの離乳食を作っても、おかゆしか食べてくれなかったり、おかゆすら食べずにミルクばかり飲んだり。そんな日が続き、私はすっかり疲弊していきました。

そんな時、たまたま友人と会う機会がありました。友人は5歳と3歳の子どもがいます。話の流れで「離乳食が本当に大変」という話をすると、「まさか毎回作ってるの!?そんなの無理だよ、うち、市販のベビーフードたくさん使ったよ。特に下の子はかなりベビーフードにお世話になった」と言うのです。当然ですが友人の子どもは2人ともとっても元気に育っています。

私はハッとしました。ネットの情報をちらっと読んだだけで「ベビーフードはやめておこう」と思ったものの、そこに根拠なんてなかったのです。「なんとなくダメな気がする」それだけで避けていたのですが、ベビーフードをよく食べていたという友人の子を実際に目の前にすると、自分の視野がいかに狭かったかを実感し、恥ずかしく思いました。

乳児の子育てはそれだけ自分を追いつめがちになるのだ、と改めて感じました。

それをきっかけに、私は積極的にベビーフードを活用するようになりました。最近のベビーフードは種類が多いので選ぶのも楽しいですし、「この時期はこれくらいの軟らかさにするといいんだ」という目安にもなります。おかずだけ利用してフルーツは自分で準備したりするなど、自分なりに適度なバランスをとれるようにもなっていきました。

次女の離乳食の時は長女の時よりもさらに多くベビーフードを食べさせたように思います。長女との兼ね合いで次女の食事の準備にあまり時間をかけられないことが多かったためです。当然ですが次女も元気に育っています。

最近はスマホなどで、離乳食に限らず様々な育児の情報を簡単に得ることができます。とても便利ですが、ネットの情報と自分のリアルな生活の落としどころをきちんと見極めることが何よりも大切、と実感した出来事でした。 関連記事:赤ちゃんは大変で当然、ママはラクをするな…「自分でかけた呪い」に気づいた日 by つかさちずる

著者:みかん

年齢:30代半ば

子どもの年齢:4才10ヶ月、1歳8ヶ月

地方在住のワーキングマザー。元気のよすぎる娘たちに付き合わされて毎日ヘトヘトです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

困惑、拒絶、譲歩、容認。顔で語る、「初めての梨・四段活用」 by カフカヤマモト
卵が危険なんて知らなかった!!
食事を食べてくれないイヤイヤ期は笑ってやり過ごす!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。