体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【注意】イジメ問題!SNS・LINEで陰湿な嫌がらせも。子どもと考える解決策

ダメと言っても、格好悪いと言っても、残念ながら学校から完全にイジメはなくならない。4月は、新入学、クラス替えが行われ人間関係が変わる。イジメていた者とイジメられたいた者が離れた場合は関係がリセットできるが、しかし、逆に新しいイジメが始まるスタートラインに立ったとも言える。

 

 

そこで、イジメについて色々と調べてみた。

【イジメのターゲットにされやすい子どものタイプやパターン】

 

とにかくおとなしい子(人との交流が苦手でいつも一人でいる。無口。身体が細い。スポーツが苦手)

目立たないし怖くない。話しかけても返事もない。「何だよあいつ?」となって、何か嫌がらせをしてもやり返してこない・・・というような流れでイジメられやすい。

 

最初は仲が良かった仲間からイジメられるようになる

何がきっかけか様々だが、仲間内での上下関係ができて一番下がストレスのはけ口になってイジメられる羽目になっているパターン。“仲間”になってしまっているので抜け出そうにも抜け出せない。

 

最初は仲が良かった仲間のリーダー格がイジメられるようになる

クラスのリーダーグループの、そのリーダー格が、あまりにも威張り散らして性格が悪い。最初は皆従っていたが、あるときに陰で皆の不満が爆発して気持ちが結束。無死する雰囲気ができて徐々に孤立する。つまり自分が原因を作ってイジメられるパターンだ。

 

他にも、見た目の特徴・他人との特異性を攻められる(背が低い、有名人に似ている、名前が変わっている、等)、真面目すぎる子(冗談が通じない)、ミスが多い(何をやらせても遅いとかで迷惑がられる)、など、色んな意味で目立つ子はイジメの対象にされやすいそうだ。

 

客観的に見て、あなたの子どもはどれかに属すだろうか? 

 

春から子どもを観察

親は、春の子ども様子を覚えておいて欲しい。新しい環境になって何かしら変化があるはずだ。先生の授業スタイルが変わるので持ち物が違うようになったりする。友達が変わると遊びや趣味も変わったりする、と言った具合に、何かと「変わったなぁ」と感じることも多くなるだろう。

 

そんな中、学級内では、徐々に仲の良いグループ、上下関係、確執などが出来上がってくる。そして最悪の場合イジメっ子とイジメられっ子の図式が徐々に出来上がっていくわけだ。

 

これ、イジメられているかも?! 

子どもは、自分が学校でイジメられていることを親や先生に知られたくはないもの。心配をかけたくない。恥ずかしい。プライドだってある。でも、得てして自分じゃ解決できないから永遠とイジメを受け続けることになるわけだ。そして最悪の場合死を選んでしまう。

 

自分から言い出せないならば、やはり気付いてあげなくてはならない。SOSは絶対に出ている。

 

こんな異変に気付いたら、数日観察してみて欲しい。すぐに問いただしたりはしないでいい。

体調不良を訴えて学校に行きたがらない

帰ると部屋に閉じこもる、外へ遊びに出なくなった

学校の話題や友達とのことを話したがらない

親の前で携帯メールを見なくなる、電話があっても目の前では話さない

自宅に友達から電話があっても出たがらない

服を汚してくる、破れている

身体に傷やアザ、打撲の跡がある

教科書などの教材が破れている、壊れている、無くす

お金を欲しがる、財布から盗む

怒りっぽい、暴力を振るうなど攻撃的になった

~など。

 

中には、精神的な部分から、不眠症、おねしょをするようになる場合もあるとか。とにかく、春頃と比べて様子がおかしいな? と気付いてあげられるかが鍵だ。

 

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。