体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

和菓子をスルーしてきた甘党放送作家が、トロっとろすぎる本わらび餠を取り寄せてみた

f:id:Meshi2_IB:20170315100435j:plain

こんにちは! 1日に1回はコンビに寄り、必ず甘い物を買って帰るほど甘いのもが大好きな放送作家、鈴木です。

着々と増えていく体重には見てみぬふりを決め込み、今日も甘い物を頬張っています。そんな私は最近、あることに気がつきました。

「そういえば、和菓子って自分から買って食べたことないなぁ」

ケーキやスナック菓子はしょっちゅう食べているのに、和菓子は今までスルーしていたのです。

子どもの頃は、おばあちゃんやおじいちゃんが食べるものだというイメージが強くて、なかなか食べてこなかった和菓子。そのイメージが強かったからなのか、今でもどういうものがあるのかイマイチピンと来ません。

そこで、どんな物があるのかなとお得意のネット検索を実行してみました。だんごやようかん、もなかやお饅頭など、いろんなページ、画像をスクロールしていきます。

どうしよう。どれもおいしそうだ……。

しばらく和菓子画像に夢中になっている中、私はある商品を発見して驚いてしまいました。その商品は、とろとろで、まるで原型が無いといっても過言ではないわらび餠。これってありなの?

商品名は笹屋昌園の本わらび餠「極み(きわみ)」。お店は京都にあるそう。一目ぼれをした私は、これはもうお取り寄せしかない! と、心に決めました。

商品は420gで1,780円と、小さいサイズの200gで1,080円の2種類がありました。

せっかくだしと、私は420gの方を注文。その日までわくわくしながら待っていると、指定日の午前中にピンポーンとインターホンが。

待ちに待った商品の到着です。

f:id:uchitomi:20170215110656j:plain

さっそく段ボールの箱を開けます。

f:id:uchitomi:20170215110700j:plain

商品は保護材によってしっかりと守られています。保護材を取り、商品を取り出しました。

f:id:Meshi2_IB:20170315101123j:plain

ジャジャーン! 本わらび餠「極み」の登場!

どっしりと重みがあり、外装に高級感があります。大きく書かれた「極」の文字がとても印象的。それでは、早速開封していきます。

この「極」と書かれた部分を開くと……、

f:id:Meshi2_IB:20170315101202j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。