体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食と雑貨にまつわる全13企画! 銀座・新宿で「AKOMEYA 蚤の市」開催

akomeya_nominoichi_3rd_01

約1カ月間、内容目白押し

2017年4月7日(金)から5月7日(日) までの約1カ月間、「AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)」の銀座本店とNEWoMan新宿店にて、『第三回「AKOMEYA蚤の市」』が開催されています。

食と雑貨にまつわる13種類の企画が楽しめるイベント。

前回から始まったオリジナル商品の第2弾として「NOMINOICHI TABLE WARE」を発売。生産工程中に出荷品質基準からは外れてしまったものの通常使いは問題ない白地のシンプルな器に、アコメヤオリジナル柄がプリントされたシリーズで、マグやプレートなど4種類が各50個の数量限定で展開されます。

お箸メーカー「兵左衛門」で商品化されないまま眠っている試作品の期間限定販売や、山科茶舗3代目茶匠・山科康也氏による「九州新茶を美味しく味わうワークショップ」など、食周りを中心に、毎日が楽しくなるような商品・企画が並びます。

銀座と新宿で開かれる内容盛りだくさんな蚤の市。掘り出し物や新しい商品との出会いをお楽しみください。

akomeya_nominoichi_3rd_02 オリジナル商品第2弾として数量限定で発売される「NOMINOICHI TABLE WARE」。 akomeya_nominoichi_3rd_03 「一期一膳市」では、お箸メーカー兵左衛門で商品化されないまま眠っていた試作品が期間限定で販売されます。 akomeya_nominoichi_3rd_04 七味唐辛子の人気店「八幡屋磯五郎」による2日間限定の調合実演販売会が開催されます。 akomeya_nominoichi_3rd_05 創業72年のブラシ専門店「ブラシの平野」による実演販売会を3日間限定で開催。 akomeya_nominoichi_3rd_06 「鉢の市」には、「植木鉢は植物が着る服」をコンセプトに、 良質な三河土を使って作られた「井澤製陶」の植木鉢を始め、さまざまな産地の植木鉢が集合します。 akomeya_nominoichi_3rd_07 「ミニマルシェ 奥信濃の春をお届け」では、長野県奥信濃で採れた野沢菜のつみなの量り売りやきのこ、ドライフルーツなど、奥信濃の旬の商材を各店で1日のみ限定販売。
1 2 3次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。