体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

薬学博士が開発した世界で唯一、ILG配合の I’LG-bベイビーフェイシャルソープが新発売!

『I’LG-b(イルジイ・ビィ)』シリーズから、世界で唯一、ILG配合の『I’LG-bベイビーフェイシャルソープ 』が誕生した。ILGとは、国立香川大学の薬学博士・掛川教授が研究開発した最先端エイジングケア成分。さらに、保湿効果の高いシアバターやオリーブ由来のスクワランも贅沢に配合。乾燥や肌荒れに悩む肌にうるおいを届け、ハリと透明感をアップしてくれる。先行キャンペーンで体験した人からはすでに続々と感想が寄せられており、クチコミ評価も上々のようだ。

ILGが誇る驚異の浸透力!肌の奥からエイジングケア!

薬学博士が開発した最先端エイジングケア成分「ILG」配合のコスメブランド『I’LG-b(イルジイ・ビィ)』。化粧水やクリームですでにILGの効果を実感した愛用者たちから、「洗顔にもILGを使いたい」、「顔だけではなく全身にもILGの効果を届けたい」との要望が寄せられ、このたび株式会社ルディア(東京都渋谷区)から『I’LG-bベイビーフェイシャルソープ 』(100g・希望小売価格 税抜3,700円・2017年3月13日発売)が商品化された。

ILGとは、生薬である甘草に存在する成分で、老化の原因である活性酸素を除去し、肌のうるおいに欠かせないヒアルロン酸の減少を抑える働きを持つ。10gあたり4,000万円という高級な成分で、医薬品として研究が進められてきた。

『I’LG-b(イルジィ・ビー)』は、そんなILGを贅沢に配合したコスメで、科学的エビデンスに基づく効果の確かさもお墨付きだ。

なんといってもILGのすごいところは、分子量の大きさ。そのサイズは驚くほど小さく、コラーゲンの1/1000、ヒアルロン酸の1/10000しかない。肌の奥までぐんぐん入っていく驚異の浸透力があり、真皮や皮下組織にまで必要な成分を届け、肌を根本から変えエイジングによるダメージを抑えることができるのだ。

皮膚科でも取扱い予定!体やシャンプーにも使えて、全身エイジングケア!

石鹸は乾燥しがちと思う人もいるかもしれないが、ILG配合の『I’LG-bベイビーフェイシャルソープ』は、肌に必要なうるおいを残し、乾燥知らず。しかも、ILGにはアレルギーやかゆみを引き起こすヒスタミンを抑える作用もある。薬学博士が開発したということもあり、医療分野からの期待も高く、今後は皮膚科でも取扱いが始まるという。

I’LG-bベイビーフェイシャルソープ』は洗顔だけでなく、全身や頭皮・頭髪のシャンプーにも使えるので、全身のエイジングケアをいっぺんに行える。敏感肌や繊細な赤ちゃんの肌にもぴったりなので、バスルームに置いて、家族全員で使ってもいいかもしれない。

実際に使用した人のクチコミを紹介しょう。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。