体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歯医者でかかるお金っていくら?保険適応と自費診療で違う医療費一覧

歯医者でかかるお金っていくら?保険適応と自費診療で違う医療費一覧
虫歯治療などで歯医者さんにかかる際に、医療費がどれくらいの金額になるか検討がつかない、なんてときありませんか?

歯医者さんでかかるお金は症状や目的で違ってきますし、また保険適応か否かでも変わってきます。

そこで今回は歯科医師の彦坂先生に、保険診療と自費診療の違い、症状や目的別の歯医者でかかる医療費などを解説していただきました。

保険診療と自費診療の違い

歯医者でかかるお金っていくら?保険適応と自費診療で違う医療費一覧

保険診療

処置ごとに値段が決まっているので全国一率料金です。 北海道で歯周基本検査をしても、沖縄でしても同じ金額となります。

保険適応の診療には制限があるので、金属床、スポーツマウスピース、オールセラミック、歯のホワイトニング、レーザー治療、矯正などは保険適応外の治療で自費診療になりますが、矯正は場合により保険適応になることもあります。

自費診療

歯科医院ごとに自由に値段設定が可能です。

なお、保険適応の治療であっても、最新の機器を使って、専門医の資格を持っている為自費という歯科医院もあります。

1:定期健診、歯のクリーニング

歯医者でかかるお金っていくら?保険適応と自費診療で違う医療費一覧

治療内容

歯周病健診やスケーリングなどを行います。

定期健診を受けて3カ月経ってしまうと、プラークや歯石が蓄積し、虫歯や歯周病を発症するリスクが高くなるので、定期健診は3カ月に1度の頻度で行くことをおすすめします。

なお、歯茎に炎症のない歯石除去だけを目的とした予防的クリーニングに対しては保険がきかないこともあります。

平均的な医療費

■ 2,000円~3,000円前後(保険適応3割負担の場合)

治療期間

歯周病の度合いにより大きく変わりますが、重度でなければ1回から数回程度の通院となります。

2:虫歯

歯医者でかかるお金っていくら?保険適応と自費診療で違う医療費一覧

治療内容

虫歯がどれくらい進行しているかによって、治療の内容も変わってきます。

<虫歯の進行レベル>

・C0:初期の虫歯で、歯の表面にあるエナメル質がちょっと溶けて濁ったように見える虫歯

・C1:歯の表面にあるエナメル質の虫歯

・C2:エナメル質の下にある象牙質の虫歯

・C3:象牙質のさらに奥にある歯髄に虫歯が達している状態

・C4:歯のほとんどが溶け、膿や腐敗が出ている状態

通常虫歯の治療では、歯を削ってそこに被せ物や詰め物をしていきます。

■ 小さい虫歯(虫歯が神経に達する前)

病巣を削った部分にプラスチック素材の詰め物や、金属の被せ物をやり直すだけで治療可能。

■ 大きな虫歯(虫歯が神経に達している)

大きな穴があいている歯や、虫歯が進行し神経が壊死ししている歯は、根の中を消毒して薬を詰めるという根幹治療が必要。

虫歯が進行し歯の根元しか残っていない歯の場合は抜歯。

平均的な医療費

■ 1回2,000円~3,000円前後(保険適応3割負担の場合)

治療期間

1回で終わる小さな虫歯もあれば、神経に及ぶ大きな虫歯もあるため、治療に数回かかることもあります。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会