体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

教育研究家の父が息子に実践したユニークすぎる金銭教育

エンタメ
教育研究家の父が息子に実践したユニークすぎる金銭教育

いつの時代も、わが子に与えるお小遣いに関して、「何歳のときに」「どれくらい」が妥当なのかは、世の親にとって大問題。

でも考えてみれば、悩むのも当然だ。単に「何歳のときに、いくらあげればOK」とマニュアル的に解決すればいいわけではなく、そこには、「お金とどう向き合わせるべきか」という難しいテーマが絡んでいる。

このテーマについてヒントをくれるのが、『大切なことは、みな子供たちから学んだ』(日販アイ・ピー・エス刊)の著者であり、しちだ・教育研究所の代表、七田厚さん。自身の子ども時代の経験をもとに、あるべき金銭教育の形などについてお話をうかがった。

■教育研究家が自身の体験で成果を確信 父から受けたユニークな教育方法とは

――まずは本書の執筆経緯を教えていただけますか。

七田:数年前、教育関係者が多く集まる1泊2日の勉強会に参加した際、2日目の朝におこなわれるモーニングセミナーで30分ほど話してほしいと依頼されたことがひとつのきっかけです。

そのセミナーの参加者の年齢層には、かなり幅がありました。まだ子育て中とおぼしき方もいれば、子育て済みの方もいらっしゃった。

そこで、わたし自身が子どもの頃の話だけでなく、大人になってからの話も盛り込めば、どちらの方にも楽しんでいただけるだろうとの思いから、いくつかエピソードをご紹介させていただきました。

すると講演後、聴衆のなかに「自分の父親のことを思い出して涙が出た」と言ってくださった方がいらっしゃいました。

そのような反応があるならば、読者の方に「自分の親はどうだっただろう?」と思い出していただくためのきっかけとして、わたしと父とのエピソードがお役に立てるのかもしれない。

そんな思いから、しちだ・教育研究所で発行している『夢そだて』という月刊誌で2年半にわたり、このようなテーマの連載をおこなったんです。その連載に大いに加筆したものを、今回、書籍という形で出させていただきました。

――本書で書かれていることに対する、ご家族の反応はどのようなものでしたか?

七田:わたしには3つ下の妹がいるのですが、わたしと父との数々のエピソードを読んだ妹からまず言われたのは、「お父さんとの思い出がそんなに沢山あって羨ましい」ということでした。

ただ、妹に比べ、わたしと父の接する時間が長かったことが、これだけ多くの思い出を残せた要因だったとは思っていません。

ともに過ごした時間の長さ以上に、わたしが30年経っても40年経っても覚えているよう、父が意識的に「誘導」してくれていたからという部分がかなり大きいと思いますね。

父は若いころに小説家を志していただけあって、日常のなかにいつもドラマを探しているような人でした。ややもすると流れていく毎日に、どんなに些細でも印象に残るようなドラマを演出しようとしていたような気がするのです。

――たしかに本書にも出てくる、七田少年がお金を拾った際のエピソードはとても印象的でした。

七田:わたしが小学校2年生のときのことですね。街中で、百円札が2枚、落ちているのを見つけました。

そのお金は交番に届けたのですが、一定期間がすぎても持ち主が現れなかったため、わたしのものになりました。「どう使おうかな?」と思っていたら、父が「学級文庫の本を入れるスペースがなくて、本立てが必要だって言ってたでしょ? それを買ってみたら?」と言ったんです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会