ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

オービスと警察無線を警告するGPS搭載受信機

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オービスと警察無線を警告するGPS搭載受信機

エフ・アール・シーのしゃべる受信機「FC-S117」発売の翌年、2013年に登場した上位機種が「FC-S789」です。同じようなボディ形状ですが、こちらは本体上部に受信機初のGPSユニットを搭載。現在地と連動した受信が楽しめます。しかも、GPSを利用してオービス探知機としても利用できる受信機なのです。

デジタル警察無線を自動スキャン

この受信機はGPSにより、現在位置と連動した機能が盛り込まれています。空港の半径10km圏内に入ると空港名を表示して、その空港の割当周波数を自動的にスキャン。同様に受信周波数と位置情報を組み合わせて登録する、オリジナルポイント受信もできます。

そして異彩を放つのがドライブモードで、受信機がGPSオービス探知機に早変わり。オービスに接近すると音声で警告するのです。実際には、定置式オービスへの接近を警報音と距離表示(1053mと表示)で教えてくれます。

ドライブモード中は同時に、バックグランドでデジタル警察無線をスキャン。入感すると、こちらも音声で警告します。割当周波数別の警告音声が鳴り、ディスプレイが点滅。これで近くで警察が活動していることを教えてくれるのです。

持ち運びできるオービス探知機

このほか、FC-S789は2波同時受信、内蔵ICレコーダーへの受信音声録音、音声反転式秘話解読機能を搭載しています。「とにかく何でも聞いてみたい」という、ライトユーザー向けのハンディ機です。見方を変えると、持ち運びできるオービス探知機ともいえるでしょう。

受信周波数はAバンドが65~470/770~1300MHz、Bバンドが134~174/200~260/320~470MHz、受信モードはFM/ワイドFM/AMとなっています。メモリー数は800チャンネルで、バンク構成は40チャンネル×20バンク、サーチバンドは10組です。

電源は単4形乾電池×6本と、DC12V外部電源端子。サイズは62W×99.5H×39.5D㎜で、重さが154gとなっています。実勢価格は16,368円です。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。