体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注目のモデルを紹介【2017バンコクモーターショー】

▲例年とは違い、国王の喪に服した印象が強かったバンコクモーターショー。コンパニオンの意匠もおとなし目

▲例年とは違い、国王の喪に服した印象が強かったバンコクモーターショー。コンパニオンの衣装もおとなし目

東南アジアで活躍する日本車を中心に紹介

2017年3月29日から4月9日まで、タイのバンコクで開催された、バンコクインターナショナルモーターショー2017。例年ならば、露出の多い、きわどい衣装のコンパニオンが多くお祭りムード満載なのだが、2016年11月に国民の父といってもよい、プミポン国王が逝去されたことにより、自粛ムードが漂っていた。とはいえ、日本車、欧州車など見どころの多いショーであった。

▲8月には、いよいよ日本市場でも復活を果たすシビック。すでに北米はじめ、世界のマーケットで大人気となっている。タイでもすでに4ドアセダンは販売されていたが、今回5ドアハッチバックがデビューした。搭載エンジンは1.5LターボのみでCVTが組み合わされる

▲8月には、いよいよ日本市場でも復活を果たすシビック。すでに北米はじめ、世界のマーケットで大人気となっている。タイでもすでに4ドアセダンは販売されていたが、今回5ドアハッチバックがデビューした。搭載エンジンは1.5LターボのみでCVTが組み合わされる

▲インドで人気の全長4m近辺のセダンだが、タイにも投入されている。大人気ハッチバック、ホンダ ブリオの4ドアセダンが、このブリオ アメイズだ。LEDランプを組み込んだプロジェクターヘッドランプや、メッキグリルなどで商品性の向上が図られている

▲インドで人気の全長4m近辺のセダンだが、タイにも投入されている。大人気ハッチバック、ホンダ ブリオの4ドアセダンが、このブリオ アメイズだ。LEDランプを組み込んだプロジェクターヘッドランプや、メッキグリルなどで商品性の向上が図られている

▲生産はインドネシアで行われ、タイに輸入されるスズキのMPVがエルティガだ。ワゴンRにスティングレーがあるように、エルティガにもドレザというオシャレなシリーズがラインナップされている。1.4Lエンジンに4速ATの組み合わせだが、人気は高いようだ

▲生産はインドネシアで行われ、タイに輸入されるスズキのMPVがエルティガだ。ワゴンRにスティングレーがあるように、エルティガにもドレザという内外装をカスタムした仕様がラインナップされている。1.4Lエンジンに4速ATの組み合わせだが、人気は高いようだ

▲スズキの新興国向けCセグメントセダンが、シアズだ。日本でもおなじみのRSもラインナップされており、リアスポイラーなどにより、スポーティに仕立てられている。画像右にある通り、ショー期間中での制約に限り、オプションが割引装着できたようだ

▲スズキの新興国向けCセグメントセダンが、シアズだ。日本でもおなじみのRSもラインナップされており、リアスポイラーなどにより、スポーティに仕立てられている。画像右にある通り、ショー期間中での成約に限り、オプションが割引装着できたようだ

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会