ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

スマホの充電バッテリーパック内蔵型の腕時計「Uvolt Watch」は太陽光充電も可能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
UvoltWatch1

最近ではあらゆるブランドのスマートウォッチが登場し、今やどれも同じようなものばかりだ。しかしそんな中、一風変わった時計が今Kickstarterで密かな人気を呼んでいる。

時計は時計でも今流行りのスマートウォッチではなく、「アナログ時計」なのだ。その時計が「Uvolt Watch」だ。

・スマホの充電バッテリーパックを積んだアナログ時計

アナログ時計ということは、もちろんスマホとBluetooth接続をして通知を受け取ったりすることはできない。ではこのプロダクトの何が新しいのか?

なんとこのUvolt Watchは時計の背面にスマホの充電バッテリーパック(600mAh)を積んでいるのである。普段は通常のアナログ時計として使うのだが、スマホの充電が切れそうになると、外出先でも即座にこの収納されているバッテリーパックから充電が可能になる。

UvoltWatch2

また時計のブレスレット部分の1つ1つも予備バッテリーとなっている。そのためメインの充電バッテリーを使い切った後に時計背面に収納しなおせば、自動的にブレスレット側の電力がメインのバッテリーパックに供給されていく仕組みだ。

・ソーラーパネルも搭載

しかも時計の文字盤部分がソーラーパネルとなっているため、光のあるところであれば充電バッテリーパックとブレスレット内の予備バッテリーをじわじわと自動的に充電してくれる。天気の良い日であれば1日でバッテリーパックの充電が完了するそうだ。

UvlotWatch3

充電タイプはLightningケーブル、Micro USB/USB-Cケーブル、そしてワイヤレス充電の3種類それぞれ用意されている。600mAhではフル充電はほぼ不可能だが、緊急用の充電バッテリーとして重宝するはずである。

Uvolt Watchはすでに目標金額を獲得しているが、2017年4月28日まで出資を募っており、今なら119ドル(約1万3200円)で注文できる。

Uvolt Watch/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。