ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

パフューム・ジーニアス、3年ぶりの新作を5/26に日本リリース&新曲MVを公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
パフューム・ジーニアス、3年ぶりの新作を5/26に日本リリース&新曲MVを公開

 パフューム・ジーニアスことマイク・ハドレアスが、4枚目のアルバム『No Shape』のリリースを発表し、第1弾シングル「Slip Away」のミュージック・ビデオを公開した。

 「Queen」のスマッシュ・ヒットも記憶に新しい2014年の前作『トゥー・ブライト』で、類稀なる才能と唯一無二のサウンドを確立したことを証明したパフューム・ジーニアス。そこからさらなる進化を遂げ完成させた本作『ノー・シェイプ』は、プロデューサーにアラバマ・シェイクスやスカイ・フェレイラも手掛け、エリック・クラプトン、ノラ・ジョーンズをも魅了する天才ブレイク・ミルズを迎え、ミキシングは【グラミー賞】受賞経験もあるショーン・エヴェレットが担当。レコーディングはロサンゼルスにて行われた。

 教会音楽やラブソング、R&B、アートポップ、クラウトロックといったサウンドに、彼独自の個性を混ぜ合わせた壮大な楽曲群は、批評家に賞賛されるアンダーグラウンドの英雄から、トップレベルのポップソングの創り手へと変貌を遂げたマイク・ハドレアスの姿を映している。公開されたリード・シングル「Slip Away」は、大胆で洗練されたサウンドと、力強い詞、そして聴き手を引き込む生気に満ち溢れている。

 同時に公開されたミュージック・ビデオは、ビョークとのコラボレーションで知られるアンドリュー・トーマス・ホワンが監督を務め、パフューム・ジーニアス本人も登場する。

 「僕は家賃を払っているし、健全であろうと思ってる。でも今僕を悩ませる色々なものごとは、前よりわかりやすくないし、いっそうややこしくなっている。今回の楽曲でそういうことを解決できたとは思っていないよ。でも解決できなかったという事実に、どこか解放されたようなところはある。小さな断片をいくつも分析して、自分の不安を拡大して見つめ、蓋をしたはずの不都合に踏み込んでいって、そこに存在する厄介なドラマを、あざ笑ったり探求したりしてる。僕は絶対に向こう側には行けないだろうけど、挑戦することは活力になるし、なんだかんだ言っても有益なことだと期待しているんだ。多くの曲で描いているのは、幸せになろうとすることについてだ。たとえ僕が自分のためにどんなたわごとを生み出したとしても、あらゆるものごとやあらゆる人間がいかにひどいものであったとしても、それをものともせずに。」

 歌詞対訳と解説が封入された『ノー・シェイプ』の国内流通仕様盤は2017年5月26日にリリースされる。

◎「Slip Away」MV
https://youtu.be/EPiiY4a1vf4

◎『ノー・シェイプ』トラックリスト
01. Otherside
02. Slip Away
03. Just Like Love
04. Go Ahead
05. Valley
06. Wreath
07. Every Night
08. Choir
09. Die 4 You
10. Sides (feat. Weyes Blood)
11. Braid
12. Run Me Through
13. Alan

◎リリース情報
『ノー・シェイプ』
パフューム・ジーニアス
2017/5/26 RELEASE
2,200円(plus tax)
※国内流通仕様盤、歌詞対訳&解説書封入
http://apple.co/2njHhUK

関連記事リンク(外部サイト)

シリアスで普遍的なメッセージを込めた大作、ファーザー・ジョン・ミスティー『ピュア・コメディ』(Album Review)
レコード・コレクションに眠っているかも? 高額アナログ盤TOP3
ゴリラズ、新作のコンセプトは「世界の終わりのためのパーティ」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。