体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもは興味を持つ? プログラミング教育アプリ「Springin」をやらせてみた

近年、その注目度を高めているプログラミング教育。スマートフォンやタブレットが急速に普及したことで、子供のうちからプログラミングの基礎を覚えておこうという人も増えており、アプリや玩具といったさまざまなプログラミング教育ツールが登場している。

なかでも近年、よく耳にするのが「ビジュアルプログラミング言語」を使ったもの。これは本来難しいテキスト記述でつくるプログラミングを、視覚的なグラフィックの配置によってつくっていくという方法で、”プログラミングの仕組み”を理解するという要素が大きいため、子どもが興味を持つきっかけとして最適だ。

ただ、最近ではこの手のアプリもかなり増えてきているので、なにを選んでいいのかわからない、やり方がわからないので手が出せない・・・・・・という人もいるだろう。

そんな人にオススメしたいのが、株式会社しくみデザインが全世界155カ国で同時リリースして話題となっているiOSアプリ「Springin’(スプリンギン)」だ。このSpringin’は、iPhoneやiPadで描いた絵や写真を使い、性格や能力、関係性などをアイコンによってプログラミングしていきながら、ゲームなどのデジタル作品をつくり出せるというクリエイティブツールだ。

無料版ではSpringin’ のホームページにあるサンプルワークやユーザーが投稿した作品をダウンロードして楽しむことができ、アプリ内課金(月額利用料:300円〜)によってプレミアム版にアップグレードすると、作品の創作や共有など、すべての機能が利用できるようになる。創作した自分の作品をサーバーにアップすれば、ほかのユーザーとの共有も可能だ。

Springin’がどんなものなのか、まずは使ってみよう!

では、Springin’は実際にどう使うのか? 今回は株式会社しくみデザインにご協力いただき、無料版とプレミアム版を使ってみた。

まず、無料版の場合、共有されているワークやサンプルワークをMy Springin’ Boxというシェアするためのクラウドサービスで、ローカルにダウンロードする。ダウンロードしたワークはSpringin’ のアプリ内にどんどん追加されていく。作品はどれも単純で手づくり感のあるものばかり。それがSpringin’の良さでもあり、「これならつくれるかも!」「こんなのつくってみたい!」と創作意欲をわかせる。

作品事例はこちら

子どもが使ってみたらどんな反応をする?

次はiPhoneとiPadで楽しめる有料のプレミアム版。こちらでは、ワークを楽しむだけでなく、自分たちでつくっていくことができる。今回はこの春に小学5年生に進級する筆者の甥っ子(10歳男子)に遊んでもらうことにした。

ワークのつくり方はわかりやすく、iPad上に絵を描いたり、撮影した写真を加工したりしてアイテムをつくり、そのアイテムに性格や能力をつけて配置していく作業を繰り返すだけ。作成画面は直感的なUI(ユーザーインターフェイス)になっているため、プログラミングのために文字を打ち込む必要はなく、素人でもどんどん創作を進めていける。

アプリの趣旨や機能をある程度説明し、あとは自由につくってもらうことにしたのだが、始めのうちはなにがなんだかわからず・・・・・・といった様子。自由に絵を描くことはできるが、それに性格や能力を持たせていくというのが難しいようだ。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。