ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「意識高い系IT社長」瀬良明正氏の会社がサントリーとコラボ 会社公式風サイトまでオープンし笑いを禁じ得ない

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「意識高い系IT社長」瀬良明正氏の会社がサントリーとコラボ 会社公式風サイトまでオープンし笑いを禁じ得ない

 「意識高い系IT社長」で知られる瀬良明正氏代表の株式会社ワールドイッツマインが、4月10日に“公式サイト風”の特設サイトを公開した。

【すべての画像や動画はこちら】

 瀬良明正氏とはフジテレビ系列で放送の『超ハマる!爆笑キャラパレード』で注目を集めた人気キャラクター。お笑い芸人・アルコ&ピースの平子祐希さんが扮しており、現在は同局『ネタパレ』にも出演するいわゆる架空の人物だ。もちろん会社も架空。

 しかし、その演じっぷりがあまりに実在の“意識高い系IT社長”あるあるを詰め込んでいることから、世の社会人を中心に共感する人が多く「こういう社長いるわぁ~」「ナチュラルすぎて草」と笑いの意味で評価の高いキャラクターである。

 今回公開された特設サイトは4月25日にサントリーから新発売される『サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA レモン』の発売前キャンペーンとして企画されたもの。サイト上には瀬良社長と「PREMIUM MORNING TEA」開発チームが業務提携を結んだようなニュースリリースまで掲載されている。ただし、コラボキャンペーンといえどもそこは“意識高い系IT社長”という設定を貫き、URLもそれらしく「http://world-its-mine.com/」。あまり宣伝っぽくないコンテンツに意識高く仕上がっている。

■瀬良社長の“意識高い系IT社長”あるあるぶりに思わず赤面
  
 公式サイトを開くとまず強制的に動画でスタート。いかにも意識高い系IT社長が好んで制作させそうな「ドキュメンタリー風社長紹介」に仕上がっている。内容もふとした瞬間にどや顔を押し殺しつつ「俺今いいこと言ってる」的表情や、カメラがあるのに「ナチュラルな笑顔を俺今している」的表情をちょいちょい見せるため、見ているこちらとしては思わず“実在の方々を思い出し”思わず赤面してしまう。なんというか、「他人の黒歴史を見させられた」という気分。

 サイトでは、業務提携の告知に、会社の事業案内なども詳細に掲載。従業員数はなんと1048名(契約社員含む)だという。意外と大規模IT企業であることが判明。

 注目すべきは「入社式動画」。トップの社長紹介動画に共感がわかなかった人でもこちらなら「意識高い系IT社長あるある」をかなり共感できるのではないだろうか。プレゼンで鍛えたと思われるポイントを押さえたなめらかスピーチは(どや顔、アクションつき)特に共感できることだろう。さらに、スピーチ途中でリラックスした姿勢をしてみせたり、新入社員に対しラフに語りかけたりする姿などでもよりリアル感を共感できるのではないだろうか。なお、サイトでは他にもショート版の動画が多数公開されている。

■瀬良社長に会えるTwitterキャンペーンを本当に実施

 特設サイトでは、瀬良社長と「プレミアムモーニング」を過ごすことができる権利のプレゼントキャンペーンが行われている。Twitterと連動した企画で、サントリー公式 Twitterアカウント「@suntory」をフォローし、キャンペーン対象動画をリツイート。さらに特設サイトの応募フォームに登録すると応募が完了となる。
応募期限は5月1日まで。招待は1組限定(4名まで同伴可)。実施時期は6月上旬~6月中旬が予定されている。

 他にもオフィシャルドリンク『サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA レモン』1ケースが2000名にあたるプレゼントキャンペーンも行われる。こちらはサントリー公式 Twitterアカウント「@suntory」をフォローし、キャンペーン対象動画をリツイートするだけで応募完了。こちらも期間は5月1日までとなっている。

 また、4月14日(金)23:30から放送開始のフジテレビ系新番組『ネタパレ』(一部地域除く)では、番組と連動したスペシャルムービーを放送予定とのこと。これにあわせて現在特設ページ下部で非公開となっている動画が4月17日と5月1日に公開される。瀬良社長ファンは忘れずその日をチェックしておこう。

(HideI)

関連記事リンク(外部サイト)

フジテレビでNHKを配信!?FODで大河ドラマ、連続テレビ小説の配信開始
志村!後ろ後ろ! 伝説の番組『8時だョ!全員集合』ニコ生でスペシャル番組
ドラマ「弱虫ペダル」続編決定 2017年に放送

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。