ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

黒崎真音、品川ステラボールワンマン開催「音楽の魔法の世界へようこそ!」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
黒崎真音、品川ステラボールワンマン開催「音楽の魔法の世界へようこそ!」

4月8日、東京・品川ステラボールにて黒崎真音のワンマンライブ「MAON KUROSAKI LIVE 2017 〜Magic of Live!〜」が開催された。

2016年秋、4thアルバム「Mystical Flowers」を引っ提げ全11箇所を回った全国ツアー「黒崎真音 LIVE TOUR 2016 “Beautiful Resistance”supported by dアニメストア」から早半年。東京公演に限れば実に約1年ぶりとなる本ライブには、彼女の音楽を渇望した大勢のファンが集結し、開演を今か今かと待ちわびる独特の興奮が満ちていた。

そして「音楽の魔法の世界へようこそ!」というナレーションを合図に、ライブは「X-encounter」からスタート。4人のダンサーを従え、冒頭から腹の底まで震える爆音を鳴り響かせた彼女は、そのまま立て続けにアッパーチューンを連発し、観客、会場すべてを一気にヒートアップさせていく。

この日の黒崎は、溜め込んだマグマを爆発させるかのような、ありったけの想いを乗せたパフォーマンスを見せた。髪を振り乱し、観客に真っ直ぐな視線を向けるたびに、額からキラキラと汗がこぼれ散る。中盤には新たにバンドメンバーに加わったピアノ・キーボードと、情感的なバラードを熱唱。歌を歌うことの喜びを全身全霊で表現する彼女に、観客はぐいぐいと惹き込まれていく。

ライブ後半には3月22日に発売されたばかりの新曲「Last Desire」(TVアニメ「Rewrite」2期OPテーマ)も初披露。そしてラストスパートでは再びバンドメンバー、ダンサーたちと一丸となり、ビリビリと会場そのものを揺るがす圧巻のサウンドを、品川ステラボールに轟かせたのだった。

今回、ライブタイトルにもあるとおり、自身の音楽が持つ可能性を「魔法」という言葉で表した黒崎真音。そのショータイムを彷彿とさせるエンターテインメントには、確実に彼女にしか実現できないオリジナル性が込められていた。やはり彼女のライブは熱くて濃くて、貪欲だ。デビュー7周年を目前にして、ますますの向上心を燃やす黒崎真音のアーティスト魂に心を打たれた、全24曲・約3時間の公演だった。

撮影・文:西原史顕

「MAON KUROSAKI LIVE 2017 〜Magic of Live!〜」セットリスト
01. X-encounter
02. starry × ray
03.FRIDAY MIDNIGHT PARTY‼ ◎
04.The nightmare rock ‘n’ roll show
05.scaninng resolution ◎
06.Ignis memory
07.DEAD OR LIE
08.十鬼の絆
09.Glanz-沈黙の雪-
10.夢幻
11.アフターグロウ
12.黎鳴
13.VERMILLION
14.last desire
15.Red Alert Carpet
16.UNDER/SHAFT
17.刹那の果実
18.hear..
19.singing forever
20.Magic∞world
アンコール
21.LOVE ○ JETCOASTER
22.The Eternal Song
23.Wishful☆Garnet
24.楽園の翼

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。