体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新車販売台数トップ争いに新たな刺客! マイナーチェンジした日産 ノートが首位戦線で大暴れしている4つの理由

▲昨年11月、マイナーチェンジした日産 ノートが突如として販売台数ランキングのトップに躍り出た。記録的ヒットはどのようにして生まれたのか。日産の技術者へのヒアリングから、その理由を考えてみた

▲昨年11月、マイナーチェンジした日産 ノートが突如として販売台数ランキングのトップに躍り出た。記録的ヒットはどのようにして生まれたのか。日産の技術者へのヒアリングから、その理由を考えてみた。

近年、新車販売台数のトップはアクアやプリウスなどトヨタのHV専用モデルが安定的に占拠していた。

ところが昨年11月、マイナーチェンジした日産 ノートが突如としてトップに躍り出たのだ。見た目はフロントおよびリアのデザインを小変更している程度。もともと室内の広さに定評はあったが一体……、何が起きているのか。

ノートのパワートレインは1.2Lガソリンエンジン+スーパーチャージャーだったが、マイナーチェンジを機に「e-POWER」というラインナップが新たに加わったのだ。

e-POWERとは発電用のガソリンエンジン、駆動用のモーターを搭載した新しいカタチのHV。発電用エンジンはノートのガソリン車と同型で、モーターは同社EVのリーフと共通。ちなみに、ノートに搭載するためにリーフのモーターは、ほんの数ミリほどサイズを調整しているという。

日産によると、現在ノート全モデルにおける販売台数実績の70%を「e‐POWER」が占めているそうだ(2016年11月~2017年2月実績)。さらに、首位奪取の“立役車”となった「e‐POWER」が売れている理由を、これを作った技術者に説明してもらったところ、4つの理由が見えてきた。

▲基本のエクステリアデザインは、ベーシックなノートとほぼ変わらない。オプションでe-スタイリングパッケージというブルーのアクセントを加えることが可能

▲基本のエクステリアデザインは、ベーシックなノートとほぼ変わらない。オプションでe-スタイリングパッケージというブルーのアクセントを加えることが可能

ノート「e‐POWER」がバカ売れの理由①

「モーターならではの力強く上質な走り」

HVやPHV、EVなどモーター走行ができる車の魅力は、エンジンのそれとは異なる「力強さ」や「加速力」と言えるだろう。

モーターはとにかくパワフルだ。コンパクトカーであるノートは元々車重が軽い。エンジンとモーターが搭載されることで、同車種のガソリンモデルに対して120kgほど重くなっているものの、それでも車重は1200kg前後。大型バッテリーを積むEVのリーフが1400kg以上あることを考えるとその軽さがわかる。その車体を2Lガソリンターボ車並みのパワーを持つモーターで走らせるのだから、どんな人でも、一瞬でその力強さを感じ取れるだろう。

加えて、モーターはトルク制御をかなり細かく調整できるそうで、運転しやすく、上質さを感じる走行フィールを生み出すことができたというのだ。

▲日産 リーフで培った先進のモータードライブシステムと発電用エンジンを組み合わせた新時代のパワートレイン

▲日産 リーフで培った先進のモータードライブシステムと発電用エンジンを組み合わせた新時代のパワートレイン

ノート「e‐POWER」がバカ売れの理由②

「2クラス上の高い静粛性」

モーターが動力の場合、最大の特徴はその「静粛性」だろう。エンジンの場合は回転数の上昇とともに音も大きくなっていく。ところが、モーターはほとんど音を発しない。

e-POWERの開発では、ノートの2クラス上に位置する2.5Lエンジン搭載のセダン「ティアナ」レベルの高い静粛性を目指したという。プレミアムカーならば、静粛性を高めるためのコストをかけることが可能だが、ノートe-POWERはこのレベルの静粛性を達成しつつもコンパクトカーらしい価格に抑えていることに驚く。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。