体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Webブラウザ技術で、直接モノを制御する!「Web×IoT メイカーズハッカソン」【1日目】

ハッカソンのテーマは「ブラウザからのハードウェア直接制御」

今回のハッカソンでは、「ハードウェアの制御をブラウザー技術だけでコントロールした作品づくり」というテーマが設定されました。

ブラウザといえば「PCやスマホからWebサイトを閲覧するためのもの」というイメージがあります。あまりハードウェアの制御に利用するイメージないもの。今回はどういったことを目指したのでしょうか?

実は私たちが普段使っているブラウザには、ハードウエアを制御する機能も少しづつ実装がすすめられています。

例えば、Web Bluetooth API (Draft)。これは、ブラウザからBluetooth 4.0規格をサポートした機器との通信、制御をサポートするものです。

また、Web MIDI API (Draft)は、主に電子楽器等で利用されているMIDIをブラウザで扱えるようにしたもの。


Web MIDI APIを使ってブラウザから外部機器を制御する

これらの機能は仕様のDraftが提案され、一部のブラウザで先行実装されている段階ですが、こうした機能を利用することで「ブラウザが動くPCやスマホ」と、「Bluetooth機器」や「MIDI楽器」などを連携させたWebアプリが作れるようになりました。

CHIRIMENボードでは、こうした流れをさらに進め、 Web GPIO API (Draft)Web I2C API (Draft) という、BluetoothやMIDIより更に低いレイヤーのAPIを実装しています。

これによりセンサーやアクチュエータといった電子部品ショップで購入可能な部品を直接ブラウザから制御することができます。ブラウザで制御するハードウエアが電子工作で作れるようになるのです。


Web GPIO APIやWeb I2C APIを使って直接ハードウェアを制御したロボットを作るイメージ

今回のハッカソンは、CHIRIMENに搭載されたブラウザから電子工作で使う部品をさまざまに組み合わせて直接制御しつつ、実際にさまざまなアイディアを具現化してみる取り組みとなります。
Web GPIO API (Draft)
Web I2C API (Draft)

CHIRIMENについて

CHIRIMENボードは全ての参加チームに貸し出されました。

CHIRIMENはボードコンピューターとその上で動作するソフトウェアや Web GPIO API、Web I2C APIといった低レベル API が含まれており、日本で誕生した CHIRIMEN Open Hardware コミュニティによりオープンソースで開発が進められている開発環境です。


CHIRIMEN Open Hardware プロジェクト Webサイト

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。