ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【独占記事】リブート版映画『デューン/砂の惑星』、映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』のエリック・ロスが脚本を手掛けることが決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

レジェンダリーは、ベテラン脚本家のエリック・ロスをリブート版映画『デューン/砂の惑星』の脚本家に決定した。

同作は、映画『メッセージ』、映画『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務める。

レジェンダリーは2016年の11月、フランク・ハーバート・エステートから、小説家ハーバートの代表作であるSF小説『ディーン』の映画とテレビプロジェクトの権利を獲得した。

同作は、ヴィルヌーヴ、メアリー・ペアレント、ケイル・ボイターがプロデュースを手掛け、ブライア・ハーバート、バイロン・メリット、トーマス・タル、キムハーバートがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。ケヴィン・J・アンダーソンが、クリエイティブ・コンサルタントを務める。

遥か未来を舞台とする同作は、砂漠の惑星アラキスを支配する一族の家族であるポール・アトレイデスについてのストーリーだ。貴重な資源の唯一の生産源であるアラキスを巡り、貴族たちの間で管轄権が争われる。ポールと家族が裏切りられた後、ストーリーは政治、宗教、人間と自然の関係をテーマに進む。ポールは、一族の統治を取り戻すために反撃に出る。

原作となる小説が発売されて以降、およそ2000万部が発行され2003年にはSF小説としてベストセラーを記録した。

同小説は、1984年にデヴィッド・リンチ監督によって映画化された。カイル・マクラクランが主演した同作は、4000万ドルの製作費に対し3090万ドルの興行収入に終わり失敗作とされた。しかし最近では、カルト界で注目を集めている。

ロスが脚本を手掛けた有名な映画作品には、アカデミー賞にノミネートされた映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』、映画『ミュンヘン』、第67回アカデミー小脚色賞を獲得した映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』がある。『デューン/砂の惑星』で、ロスのSF界への参入を示すことになるだろう。

ロスは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、ジャコウェイ・タイアーマン・ウェルトハイマー・オースティン・マンデルバウム・モリス・アンド・クレインと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。