体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これはすごい! 不思議なシューズを使う悶絶エクササイズ「マスターストレッチ」でO脚人生に終止符!?

生活・趣味
120216stretch01.JPG

思えば長いことО脚女人生を歩んできました。
学生時代からО脚矯正を得意とする先生のところに通ったり……。
「あ~君のO脚ね、もう個性だと思って気にするのをやめなさい」と1年通った某有名な先生の放ったこの言葉を最後にО脚矯正行脚は強制終了していたのですが、先日思わぬところでО脚女人生に変化の兆しが。
イタリアのトップバレエダンサーであったMr.ピノが開発したという「マスターストレッチ」の体験レッスンを、子育て中のママさんと、学生時代から野球をされているスポーツマンの男性と3人で受けたことがそのきっかけなんです。
レッスンしてくださったのはトレーニングスタジオ・アランチャの代表であり、筋肉の機能をわかりやすく語る達人である菅原順二さんと、「中目黒のキャット・ウーマン!」と思わず参加者全員が羨望のまなざしを向けたしなやかボディの持ち主であるトレーナーの今薗由望さんのおふたり。
マジでキツイっすよ~。マスターストレッチは悶絶のトレーニングです!」とレッスン開始早々に菅原さんに宣告され「え? バレエみたいに優雅な動きなんじゃないの?」と意表を突かれたのですが、本当に悶絶することになろうとは……。以下体験レポートをどうぞ。
 

■カラダのクセと対話することで使い勝手のよいカラダにしていくメソッド

ビタミンカラーのオレンジが印象的なプライベートスタジオの壁面の鏡の前に3人並んでまずは、「まっすぐ立つことを意識する」ことからレッスンが始まりました。
まっすぐ立つ。これがむずかしいんですよね~。必ず誰もがカラダのクセをもっているので自然な状態でまっすぐ立ってる人はとても体に対する意識が高い方だそうです。
流石は野球を続けてらっしゃる男性は立ち姿がきれい。子育て中のママさんは学生時代に陸上をされていたということで「足がつって目が覚めるのよ~」とおっしゃっていました。
「そういうカラダのクセと対話することで使い勝手のよいカラダにしていくことが出来るんですよ」とのことで、スタジオに通う生徒さんはあまりに体が硬くて「前屈した時に床に手をつけるようになるのが夢!」という方や、「社会人になってからはじめたバレエのポーズをもっとしなやかにしたい」という大人バレエ中の女性、「ゴルフのスイングのキレをよくしたい」という男性まで様々のようです。カップルで受講されている方々は美味しいお店が多い中目黒での食事も楽しみにされてるそうですよ。
「1週間に1度でも通っていただければご自身のカラダのクセは教えられますから。歩き方がきれいになる方も多いです。あと、すごい肩コリだったのに全然、肩コリじゃなくなったとの報告もあります」ほほっ~。いいことづくしじゃないですか! いざ、専用シューズのマスターストレッチを履いて自分のカラダとの対話の強化タイムスタート。

■まだ10分も経過してないのに額に汗が。ふくらはぎはやっぱり第2の心臓!?

椅子に座った状態で片足2キロのマスターストレッチを履きます。つまさき立ちはソツなく出来ても後ろに体重を移動したら最後、そのまま後ろに倒れそうになるので、今薗さんが手を貸してくれました。

120216stretch02.JPG

背が高くなった自分を鏡に映しつつバーにつかまり立ちます。菅原さんの誘導でマスターストレッチだから可能なカラダのバランスと筋肉の強化のために考案されたポーズをとるのですが、日頃使っていない部分の筋肉にキョーレツに効きます!
「後ろ側に体重をかけながらお尻はしめて膝は曲げないで、ふくらはぎを伸ばします」というポーズが最強にイタタタタ……! なんですよ。
ふくらはぎは第2の心臓」としてマイスピでも話題になりましたが、ここを刺激したことで血液の循環がとってもよくなり、どっと汗が噴き出したようです。

■まっすぐ立つってこんなに気持ちいい! 目黒川沿いを走り出したくなる軽さ

マスターストレッチを脱いで自分の足で立ってみると、あ~ら不思議。これまでに感じたことがない自然なフイット感でまっすぐに立っています。足の裏が床にぴったりと吸いつくようなんです。
参加者全員「これから目黒川沿いを走りたいくらい気持ちがいいですね~」という感想が。ダンサーさんはマスターストレッチのレッスンが終わると、「このカラダで踊りたい!」とおっしゃる方もいるとか。
今のみなさんの体の状態はみなさんが本来持ってるものなんですよ」と菅原さんが最後におっしゃった言葉にとても元気づけられて、帰りは代官山、渋谷を抜けて南青山まで歩いてしまいました。まっすぐな体ってとっても気持ちがいいですよ~。
体験レッスンから10日ほど経った今も体がまっすぐになるように勝手に体のコアな部分が姿勢を正してくれています。電車を待つ間などはギュっと両足がすきまなくつくようにしてみたり。足のラインがまっすぐになることが自然になりつつあるなんて嬉しいな。О脚女はもう卒業! 私の人生変わりました。
アランチャ
(まりこ)

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会