ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

廃棄花をきれいなアクセサリーにするプロジェクト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

廃棄花をきれいなアクセサリーにするプロジェクト
J-WAVEで放送中の番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「TAKE ONE ACTION」。4月9日(日)のオンエアでは、「SHY FLOWER PROJECT」の古橋あや香さんをお迎えしました。

捨てられていたはずの花を救って、ステキなアクセサリーに再生させているという同プロジェクト。ニューオープンのお店やコンサート、パーティで飾られているお祝いの花というのは、飾られたあと、ほとんどがキレイに咲いたまま捨てられています。「SHY FLOWER PROJECT」はそんなお花を生まれ変わらせるために、2012年にスタートしました。

古橋さんが「花を助けるプロジェクト」をはじめた理由は、お花教室で、ゴミ箱にきれいな花が捨てられていたのを見かけたのがきっかけでした。活動をはじめて5年、インターネットを通して参加希望する人も増え、多い日は毎日問い合わせがあるそうで、なかには大学生や40代のサラリーマンまで参加者も幅広いとか。

昨年は「FUJI ROCK FESTIVAL」のNPOビレッジに参加するなど輪が広がっていますが、古橋さんは「楽しいことしかやっていないのが続いている秘訣」と語りました。

この日のオンエアでも、廃棄花を樹脂に閉じ込めた新作を持ってきてくれた古橋さん。これらのアクセサリーはピアスやネックレス、携帯ケースなどにすることができ、脆いお花をきれいなまま長く楽しむことができます。

「自分やお金のためじゃなくて社会のために、どうやって自分の力を発揮できるかを考えたときに、まったく違うアイデアが浮かんできたりするし、絶対に出会わないままでいたような人たちと一緒に楽しいことができるので、やらない方がもったいない」と「SHY FLOWER PROJECT」の活動について話してくれた古橋さん。この5年間で二児の母となり、多忙な中でやりたいことをやることで、自身の仕事も厳選するようになり「本当に楽しいことだけ凝縮したライフスタイルになった」とご自身の生活の変化についても語ってくれました。

「SHY FLOWER PROJECT」は、廃棄されるお花を提供してくれるレストランやコンサート会場などを求めています。また定期的にワークショップを行っているので、興味のある方はホームページをチェックしてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WONDER VISION」
放送日時:毎週日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。