体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東日本】一度は訪れたい!春・夏限定の絶景名所が美しすぎる!

【東日本】一度は訪れたい!春・夏限定の絶景名所が美しすぎる! tp_0401_19-2

厳しい寒さのあとに訪れるご褒美のような桜風景、雪山と花畑の競演…。そして初夏には、ラベンダー、あやめ、水ばしょう…と花とその香りに包まれる季節が到来!そんな時期には、各地でライトアップやお祭りなど、イベントも各地で開催されます。

そこで今回は、東日本エリアから花の名所をご紹介。さあ、春から初夏の絶景を堪能する旅に出かけましょう!

記事配信:じゃらんニュース

弘前公園のソメイヨシノ【青森県弘前市】

散り際も花筏も美しい。物語ある風景が胸を打つ。

tp_0401_191

約50種2000本の桜が咲く日本屈指の桜名所。さくらまつり期間限定で西濠からボートに乗ることができ(9時~17時、60分1000円)、水上から桜が眺められる。現在、石垣改修で天守閣が移動しているが、おかげで2020年まで岩木山を背景とした天守閣が望める。

例年の見頃:4月下旬~5月上旬

「弘前さくらまつり2017」は4月23日(日)~5月5日(金・祝)に開催。ライトアップ(18時30分~22時)、与力番所の抹茶(9時~17時/一服540円)、公園物産館(9時~21時)、北の郭・武徳殿休憩所(7時~21時)などがある。

●花見のあとのお楽しみ

見どころ:津軽藩ねぷた村、旧東奥義塾外人教師館など市街のモダンな洋館めぐりなど

郷土グルメ:生姜味噌おでん、りんごのスイーツ 弘前公園のソメイヨシノ

TEL/0172-33-8739(弘前市公園緑地課)

住所/青森県弘前市下白銀町1

営業時間/9時~17時(さくらまつり期間は7時~21時)

料金/入園料310円

アクセス/電車:JR奥羽本線弘前駅よりタクシー10分、または弘南鉄道中央弘前駅より徒歩15分 車:東北道大鰐弘前ICより30分

駐車場/近隣の有料駐車場を利用(さくらまつり期間中は臨時無料駐車場あり)

「弘前公園のソメイヨシノ」の詳細はこちら

ファーム富田のラベンダー【北海道中富良野町】

開拓の歴史を刻む花畑は、癒やしの香りで夢心地に。

tp_0401_19-2

1903(明治36)年、この地に鍬を入れてから、長い苦難の時を越え、香料のためのラベンダー栽培に成功したファーム富田。ここには広大な敷地に、歴史あるラベンダー畑と、カラフルな花が縞模様を描く壮観な花畑があり、富良野の短い夏を謳歌するように鮮やかに咲き競う。

例年の見頃:6月下旬~8月上旬

広い農場の中に、「トラディショナルラベンダー畑」、マリーゴールドなど多彩な花が咲く「花人の畑」、「彩りの畑」など7つの花畑があり、春から秋までさまざまな花が次々と開花。ドライフラワーの舎や花人の舎で販売するオリジナル商品、ラベンダーソフトも人気。

●花見のあとのお楽しみ

見どころ:十勝岳温泉、ラベンダーイースト、美瑛町の白金青い池など

郷土グルメ:メロン+ソフトの「サンタのヒゲ」など ファーム富田のラベンダー

TEL/0167-39-3939

住所/北海道空知郡中富良野町基線北15号

営業時間/8時30分~18時(季節変動あり)

定休日/なし

料金/入園無料

アクセス/JR富良野線富良野駅よりバス富良野・美瑛ノロッコ号ラベンダー畑駅より徒歩7分(ラベンダーの見頃のみ運行)、または旭川空港よりタクシー45分

駐車場/500台

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会