体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無料ロードサービスが年会費0円で付くカード

無料ロードサービスが年会費0円で付くカード

ドライバーにとってJAFのロードサービスに入るかは悩ましいところ。バッテリー上がりやキーのとじ込みなど不意のクルマのトラブルに、いつでも対応してもらえるロードサービスは魅力です。とはいえ、入会金や年会費はやはり気になります。そんなときは年会費無料のロードサービスを利用しましょう。

ロードサービスが無料で付いてくる

走行中のクルマの故障に24時間対応するJAFのロードサービス。会員なら、バッテリー上がりやキー閉じこみなどの主要トラブルは無料になります。しかし、入会金2,000円、年会費4,000円がかかるのがネック…。

そこで活用したいのが、ガソリン系カードのENEOSカードです。入会金・年会費が初年度無料で、ロードサービスが付いてきます。無料なのにJAFのサービスと遜色ないので使わない手はありません。

2年目以降は年会費が1,312円かかりますが、年1回の利用で次年度も無料。また、Web入会で入会・切り替えの翌月から3か月間はガソリン・軽油が合計100リットルまで1リットルあたり2円割り引きしてくれます。

ロードサービスをGPSで呼び出せる

ちなみに、JAFの主なロードサービスはバッテリージャンピング、事故、タイヤパンク、燃料切れ、キーの閉じ込み、オーバーヒート、溝への落輪です。

一方のENEOSカードのロードサービス(30分以内)は路上修理、レッカーサービス(10kmまで無料)、キー閉じ込み解錠サービス、バッテリージャンピング、タイヤパンク時の交換作業、落輪時の引き上げ作業、ガス欠時給油作業、その他30分以内の作業となっています。

さらに、注目はENEOSカード専用の「ENEOSカードアプリ」。スマホにアプリを入れておけば請求額やポイントを管理できるだけでなく、すぐにロードサービスを呼ぶことが可能。GPSで現在地を確認してもらえます。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。