体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

隣の分娩室から聞こえてくる絶叫に、高まる緊張感。駆けつけた旦那さんに思わず…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

36歳で妊娠。37歳になってすぐの出産でした。

旦那さんは離婚歴がありますが、立ち会い出産の経験は無かったので、私は立ち会って欲しかったんです。

でも、仕事柄タイミングが合わなければ叶わないと私も理解していたので、期待は薄く…。更に、埼玉での里帰り出産だったので、東京から駆けつけるとなると、立ち会えたら奇跡だなぁと考えていました。

予定日から3日過ぎての妊婦健診。激しめの前駆陣痛はあるものの、まだ規則的ではないと、ふーふーしながらもお家に帰ることに。

それから3時間後、陣痛は辛いながらも規則的ではない為、耐えに耐えていたところ破水。

車中、少しの揺れで苦悶の表情を浮かべて歯をくいしばる私を、母は「揺れるねーごめんねー。すぐだからねー」と励ましつつ病院に送ってくれました。

病院のエントランスで戻すほどの痛みと戦いながら、車椅子でお産の部屋へ。

陣痛室と分娩室との移動が無い病院だったので、『ここが勝負の部屋だ』と、陣痛と戦いながら考えていました。

激しい陣痛の合間でベッドにやっと上がり、楽な体勢を取り、ホッとしたのもつかの間。聞こえてきた大絶叫。

ドラマやドキュメンタリーで観たり聞いたりしてきた出産シーンの声とはあまりに種類の違う絶叫…。

まるで目の前で事件や事故が起きたかのような、または化け物がお出ましになったかのような…。

この絶叫の時が私にも訪れるのだと、緊張が一気に高まったのを覚えています。 関連記事:「うあァァーーッ」分娩中の絶叫が聞こえる陣痛室で、突然下半身が「ブチン」 byもづこ

お隣の彼女が、お産のどの段階で、これまでどの位の時間叫んでいたのかはわかりません。

とは言え、私自身も戦っている最中。

私は、短い間隔で襲ってくる陣痛の激痛を黙ってグッと堪えていました。

母に『痛いんだから声出した方が楽だよ、隣の人みたいに叫んでいいんだよ』と言われて頷くも、楽になるとも思えないし、叫び方もわからないし、そもそも方法が分からないんだから、この痛みは叫ぶ程ではないんだ、そういう痛みはこれからなんだ…

と酸素マスクの中で、はぁはぁと自分の激しい息遣いだけを聞きながら、その音に集中していました。

すると、『そろそろいきんでみよっか』と助産師さんの声。

もう産まれるの?いや、産む時は先生だよね?あれ?足パカーンとしないの?あれあれ?と必死ながらも冷静に考えつつ、言う通りに。

『そうそう。陣痛がキツイ時にそうやってしばらく頑張っててね』と助産師さんは別のお部屋に。

行かないでぇ…と思いつつ、気づけば絶叫のお隣さんは産み終えていたようで周りは静かでした。

母と2人残された部屋。

私は痛みと戦いながら静かに全力でイキむ…の繰り返し。

途中、出血があったようで、母が私に聞こえないように、でも動揺の隠せていない小声で助産師さんに『す、す、すみません…血が…』と。

そうかー。もはや、私の下半身はどうなってるか分からないけど、それはそれは凄惨な現場なんだろうなぁ。

それでもまだ絶叫する程じゃないものな…この先どんな痛みがあるのかなぁ、と気が遠くなりかけていました。

そこへ、なんと旦那さんが奇跡の到着。

突然の破水から短い間隔での激しい陣痛だったので、私は旦那さんの携帯に連絡出来ていなかったのですが、母がすぐに知らせてくれていたのです。

そこから車をかっ飛ばして来てくれました。

『旦那さん到着しましたよー、お母さんと代わってもらいましょうねー』の声。

しかし、息も絶え絶えの私の口から飛び出した言葉は、『入れないで下さい』。

その時の私が考えていたのは…

『こんな凄惨な現場見せられない。ただでさえ痛いのにまだ絶叫が出てこないんだから、この先もっともっと痛くなって叫ぶんだ。そしたら、きっともっと凄惨な現場になるんだ。先生すらまだ来ない。足もパカーンとしてない。この先の長丁場の地獄を目の当たりにしたらトラウマになってしまうかもしれない。だから入ってもらうわけにはいかない』と。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。