ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネバヤン安部、“ムートン”に一家言あり?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ネバヤン安部、“ムートン”に一家言あり?
J-WAVEで放送中の番組「ZOO ZOO ZOO」。この番組では写真家・奥山由之と、never young beachのフロントマン・安部勇磨がゆるいカルチャートークをお送りしています。4月 7日(金)のオンエアは「2人がこれまでに影響を受けてきた本」をテーマに語り合いました。

今回のテーマに「こんなの、奥山くん1人で2時間くらい必要だよ」と、まず安部。奥山は職業柄、写真集をよく買うそうですが、安部は2、3年前に買うのを止めてしまったそうです。その理由は…

「ふと、『なんで俺が買ってんの?』って思ったんだよね。『ZINE』とか、それこそ写真集とか」と、自虐的に語りはじめた安部。さらに、「奥山くんとか、写真を専門にやっている人とか、本当にそういうことが好きな人が買うんだったら、それは当たり前だから違和感なくていいんだけど、なんか洋書のお店に立ってる俺とか、『なにちょっとオシャレな感じ出してんの?』とか思っちゃって、急に興ざめしちゃって」とも。

安部はまた小説や漫画も読まないそうで、「字を読んでるとね、目の焦点が合わなくなってきちゃうんだよね(笑)」と語ります。一方の奥山は、1カ月で10冊ほど買い、本屋に行くと置いてある写真集は全部目を通すそう。そんな奥山に「重いじゃん。本って」と元も子もないことを言ってしまう安部でした(笑)。

そんなトークで盛り上がるなか、「フォントにはその時代が現れている」という流れになったのですが、「あれは何が境に火がつくんだろうね、やっぱり有名な人が『これかっこいい』とか言ってそうなってくるのかね?」と疑問を呈した安部。確かにテレビのテロップや雑誌に使われる文字には、時代を感じることもありますよね。

そんな安部の疑問を受けて「でも、ファッションは会議で決めてるんだよ。今年のはやりを」と奥山。ファッションは“はやっている”ではなく“はやらせている”というのですが、これは聞いたことがある人も多いかもしれませんね。その理由について奥山は「要は“流行”っていうのは、回さないと流行じゃないじゃん」と説明、「市場が決めたら流行が作りやすくなり、人が動きやすいじゃん」と続けます。ごもっともな理由ですが、これに「でもおかしいよね、それ。みんな好きなものを好きで買えばいいのに、なんで知らない人が言ったことをさ…」と安部はさらに疑問を呈していました…。

しかし奥山は、「それが好きなわけじゃないんだよ。そういうのを買ってる人は。流行に乗る人っていうのは流行が好きなの。自分が好きなものは流行なの。その時に流行っているものが好きなの」と、流行に乗る人への理解があるようです。

それに対して、流行に関して最近ふと思ったことがあるという安部。「ギャルみたいなコがさ、ムートンのジャケットとか着てるわけ。ちょっと前から。僕もたまに着てるじゃん? ムートンをなんでギャルが着てるんだ? とふと思って」

知人の女の子に聞くと、「最近、はやっている」と言われたそう。「自分のムートンを棚に上げるのもおかしいけどさ(笑)、彼女たちの着てるムートンって…『なにでできてんだ?』みたいなムートンで。そういうのを見ると、なんか悲しくなっちゃうね。着るのはいいんだよ。だったら、いいムートンにすればいいじゃん」とムートンについて熱く語る安部。

これについて奥山は、そういう流行を追う人は、次にはやるものもまた買わなくてはいけないため、1つに対してそこまでいいものが買えないと代弁します。しかし、それにも「だったらその2つとも高くていいのを買えばいい」と安部。それを聞いた奥山は「これはやっぱりね、J-WAVEで冠番組持ってるミュージシャンだけあるわ」とチクり(笑)。これに「違う違う(笑)。お金は今もないよ(笑)。お金ないときからいいものを絶対に欲しかった!」と戸惑いながら答える安部でしたが、奥山には通じなかったようです(笑)。

番組ではこのほか、奥山が「写真集ができ上がると本屋さんに持って行って必ずすること」などで盛り上がりました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZOO ZOO ZOO」
放送日時:毎週金曜 25時30分−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc2/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。