ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スマホで撮った写真を売って小遣い稼ぎをする

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スマホで撮った写真を売って小遣い稼ぎをする

どんどん高性能化しているスマホのカメラ機能。気軽にスマホで撮影した写真でも、高クオリティな作品となりえる時代になりました。そこで、スマホで撮った写真を売って小遣い稼ぎをしてしまいましょう。「アフロッチ」に登録しておけば、買い手がつくと販売価格に応じたポイントが付与されます。

スマホでさっと撮った写真を販売

国内大手フォトエージェンシーのアフロが、一般向けに1枚100円から購入できる格安写真販売サイト「アフロッチ」を運営しています。一般ユーザーからの素材も募集しており、スマホでさっと撮った写真でも販売できるのです。

子どもが遊んでいたり、サラリーマン風の写真が売れる傾向にある模様。とはいえ、写真の登録審査は厳正で、許諾が必要な建物や著作権が存在するキャラなどが写り込んでいる場合はNGになります。

アフロッチで写真を販売するためには、クリエイター会員登録が必要。“著作権・承諾権”についての小テストを突破しなければなりません。売れる写真の傾向としては被写体が明確であるものや、キャッチが入れやすい構図のものなどです。

最低購入金額35円から小遣い稼ぎ

写真の最低購入金額は35円。クリエイターの報酬形態は、買い手がつくと販売価格に応じてポイントが付与されます。貯まったポイントを1ポイント=1円で現金に交換できる仕組みです。

なお、登録NGになる例としては許諾が必要な神社仏閣があります。このほか、美術館・博物館・商業施設・遊園地・スポーツ施設・著名建築物などが写っている写真も登録NGとなる場合があるので要注意です。

また、著作権が存在する商標のある製品、ロゴ、キャラクターなどが写っている作品は販売NGです。とはいえ、手軽に自分が撮った写真を販売できるのはうれしい話。写真素材を売って小遣い稼ぎしてしまいましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。