ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

旧白洲邸の骨董市「武相荘の骨董市 春」で贅沢な時間を

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
buaiso-kottoichi-2017spring_01

2017年4月16日(日)、東京・町田の「武相荘」にて「武相荘の骨董市 春」が開催されます。

武相荘は、「日本一カッコいい男」とも称される白洲次郎とその妻で随筆家の白洲正子が晩年を過ごした家。昔ながらの茅葺き屋根の邸宅で、現在はかつての日本の風景を伝えるミュージアムとして一般に開放されています。

武相荘の骨董市は春と秋の年に2回定期開催されており今回で6回目。和骨董、西洋骨董、仏教美術など、武相荘ならではのラインナップで様々なジャンルの出店が予定されています。

骨董はもちろん、春の草花が見られる邸内の散策もオススメ。竹林や散策路、カフェやここでしか買えないグッズがそろうショップなど、見どころは満載です。

日本のものの美しさを文章で伝えてきた白洲正子、そして日本のひとつの道筋を指し示した白洲次郎。二人が愛した武相荘で「ほんもの」に触れる一時をどうぞお楽しみください。

buaiso-kottoichi-2017spring_02 過去開催の様子。

武相荘の骨董市 春

会期:2017年4月16日(日)10:00~16:00

場所:武相荘/東京都町田市能ヶ谷7-3-2

http://buaiso.com/

参加:無料

Photo:武相荘

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

偉大なるアーキヴィストに敬意を込めて「柳本浩市展 アーキヴィストー柳本さんが残してくれたもの」へ
数字の髪型がかわいい デリエ イデー10周年記念の今井律子作「人ポット」40個限定で発売
原画など約500点!「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン」展、松屋銀座で開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。