ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

藤原さくらが語る、ノラ・ジョーンズの魅力

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

藤原さくらが語る、ノラ・ジョーンズの魅力
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐・山田玲奈)のワンコーナー「JBL DIGGIN’ THE ROOTS」。ミュージシャンたちが影響を受けてきた、音楽のルーツにフォーカスする10分間。4月8日(土)のオンエアは、ノラ・ジョーンズの魅力について、藤原さくらさんの言葉を紹介しました。

2015年にメジャーデビューした藤原さん。月9ドラマ「ラヴソング」で福山雅治さんの相手役に抜擢され、広くその名が知られるようになりました。まもなく公開される映画「3月のライオン・後編」の主題歌には、藤原さんによる、スピッツの「春の歌」カバーが起用されています。そんな彼女の歌声のルーツは、ノラ・ジョーンズだそう。藤原さんはノラ・ジョーンズとの出会いや歌声について次のように語ります。

「ひと声聴けば、誰もがハッとさせられる魔法の声、美しいメロディーラインにジャジーなピアノ。どこを取っても脱帽な女性、ノラ・ジョーンズ。アルバムごとに、今まで見たことのない表情を見せてくれるのも彼女の魅力のひとつです」と藤原さん。

また、「私が高校1年生のとき、地元福岡のボーカルスクールで『きっと好きだと思うからノラ・ジョーンズの曲をカバーしてみたら?』とスクールの先生に言われたのが、ノラ・ジョーンズの音楽と出会ったキッカケでした。自分の声の低さをコンプレックスに感じていたこともありましたが、彼女の音楽に出会って、自分の声も個性だと思えるようになったし、好きな音楽のジャンルも一気に広がったと思います」とも。

ちなみに、ボーカルスクールの先生のアドバイスを受けて、藤原さんが最初にカバーした曲は「Lonestar」。ノラ・ジョーンズのファーストアルバム「Come Away With Me」の収録曲を、番組でもオンエアしました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:毎週土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。