ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界に誇る実業家・梯郁太郎、残した財産と生き様

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界に誇る実業家・梯郁太郎、残した財産と生き様
J-WAVEで放送中の番組「MUSIC HUB」(ナビゲーター:小袋成彬)。4月7日(金)のオンエアでは、4月に亡くなられたばかりの梯郁太郎(かけはしいくたろう)さんについて触れていきました。

ローランド社の創業者である梯さん。小袋は梯さんが亡くなられたことについてとても驚いたそうで、「MIDI」を開発した梯さんのことが「大好き」だったとか。

MIDIとは、小袋によると「鍵盤のドレミファソラシドがあるんですけど、鍵盤はMIDIデータを送ると“ド”の音で鳴らしたら、オルガンの音や違う楽器の音で“ド”が鳴ったりとか、そのデータ…ドレミファソラシドを別の楽器で演奏できるようなデータ」とのこと。何十年も前に作られたそうですが、「これがないと音楽を作れないような規格」と小袋。さらに、「世界で一番有名なドラムマシーン」という「TR-808」を作ったのも梯さんなのだそうで、小袋は「ゴッドファーザー」と呼んでいました。

小袋は梯さんの生き様や考え方、経営者としても好きということで梯さんの半生を紹介していました。

小袋によると、梯さんは独学で時計作りを学び、16歳で時計店を開業。大学受検の資格を取るため高校の夜間学部に通っていたのですが、卒業2カ月前に結核になってしまい入院。卒業を諦めざるをえなかったとか。しかし、入院中はラジオや時計を修理したり、自らテレビを作って病室に置いていたそう。その後に「カケハシ無線」を開業しオルガンを製作。さらにその後に、電子楽器メーカー「ローランド」を設立しました。

そんな梯さんを思い、小袋は「本当にご冥福をお祈りしたいと思います。ローランドの梯さんの生き様は、いろんな人に語り継がれていくと思います」と、天国の梯さんへメッセージを送っていました。

また番組では、小袋がこれまでのオンエアを振り返る場面も。「菜々緒さんに来ていただきましたし、宇多田(ヒカル)さんも来てくれました。ロンドンから来てくれたんで」と、これまで出演してくれた豪華なゲストに感謝を伝えつつ「今月からは23時からになりますのでよろしくお願いします!」と、番組の時間変更とともに気持ちを新たに挨拶していました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MUSIC HUB」
放送日時:毎週金曜 23時−23時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc0/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。