ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。

何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えたまま進んでしまうなんてこともよくある。途中で飽きてしまうならまだしも、頑張って完成させたのに穴だらけの見るも無残な姿になってしまったという人はたくさんいると思う。ただ、時間はかかるけど、その分愛情を感じるのが手編みの良さ。

Kniterateが開発中の3Dプリンター「Digital Knitting Machines」は、美しくスピーディにセーターやワンピースなど様々なものを編み上げてくれるそう。

もしも、思うように作れず悪戦苦闘している時にこのマシーンに出会ってしまったら、私は誘惑に負けてしまうかもしれない。

プリンターで編む
自分だけのニット

編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。

ニットにしたいデザインをPCで作成してから、3Dプリンターに転送すると編み始めます。編み物のプリントアウトなんてちょっとズルい。悔しいんだけど、そこにグッときてしまう自分がいた。

マフラー、靴下、セーター、ワンピース、ネクタイなど、作れるものは幅広い。こんなにワクワクするものなら、想像が膨らみすぎて何を作ろうか迷って当然。そんな時は、複数のテンプレートがあるのでそこからスタートしてみるのもいい。編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。

お気に入りのパターンを
色々な形で

編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。

手編みだと何日もかかってしまう作業でも、数時間で終わるらしい。この複雑な模様のセーターは、8時間ほどで完成したそう。同じ柄で靴下やマフラーにすることもできるとか。違う形にして、何度でも作ることができるのも嬉しいポイント。

こういうオリジナルの服ができると誰かに自慢したくなるもの。これ自分で作ったんだよ!(デザインだけね…)っと。編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。編み物に挫折した女子たちが喜ぶ「3Dプリンター」があるんです。

「Digital Knitting Machines」は、家でも使用できるくらいコンパクトなサイズもこだわりのひとつらしい。「Kickstarter」でクラウドファンデングを実施中で、今なら4,699ドル(約522,100円)から。ただし、残念ながら日本への発送は受付けていないそう。Licensed material used with permission by Kniterate

関連記事リンク(外部サイト)

3Dプリンター製のオシャレな宿に住んでる「ヤドカリ」を発見!
スマホでデザインできる!1万円台の小型3Dプリンター「OLO」
3Dプリンターでも「復元」できないものがあります

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。